「青髭が濃いので、自宅で髭脱毛したいんだけど、どんな方法があるのかな?」とお考えではありませんか?

このページでは自宅で青髭解消ができる8つの髭脱毛をご案内しています。

ただご案内するだけではなく、料金や効果など、重要なポイントで比較検討していますので、あなたに最適な自宅での髭脱毛方法が見つかりますよ。

しっかりと情報武装して、失敗や後悔がないように青髭解消をしましょう。

おすすめ順で掲載!自宅で青髭解消できる8つの髭脱毛

値段 効果 手間 お肌の負担
家庭用脱毛器
ヒゲそり
(電気シェーバー)
ファンデーション
抑毛ローション
※脱毛クリーム
ヒゲソリ
(T字カミソリ)
毛抜き
脱毛ワックス
除毛クリーム
※脱毛クリーム

自宅で青髭を解消する方法は、次のように8通りあります。

家庭用脱毛器
ヒゲそり(電気シェーバー)
ファンデーション
抑毛ローション(脱毛クリーム)
ヒゲソリ(T字カミソリ)
毛抜き
脱毛ワックス
除毛クリーム(脱毛クリーム)

おすすめ順に、それぞれの方法をご案内していきます。

【自宅でできる青髭解消法1】自宅で髭脱毛ができる家庭用脱毛器!

値段 効果 手間 お肌の負担

自宅で唯一、本来の意味での脱毛ができるのが、家庭用脱毛器です。

本来の意味の脱毛とは、熱で毛根を破壊することです。

脱毛では、特殊な光をお肌に照射して、間接的に毛根に熱ダメージを与え、毛を生んだり成長させたりする機能を低下させます。

その結果、毛が生えなくなったり、生えても産毛のような細い毛だけになったりして、青髭の解消ができます。

特殊な光とは、毛の黒い部分にあるメラニン色素に反応して熱になるという光のことです。

毛根は毛を生んで育てる機能がある身体の組織で、これに熱ダメージを与えるとたんぱく質の変性が起こります。

たんぱく質の変性とは、生卵に熱を加えると、透明でとろとろした半液状たいの白身が、白く固くなるような変化のことです。

そうなると、毛根の毛を生み出す機能や成長させる機能が低下したり、無くなったりします。

家庭用脱毛器の仕組みは脱毛サロンと同じですが、自宅で取り扱えるように威力を下げているため安全性が高いですし、リーズナブルな値段で脱毛ができます。

相場は1台あたり40,000円~80,000円程度で、カートリッジを交換すれば長期間継続使用ができますので、プロに依頼するよりは、コスパはかなり高いです。

自宅でいつでも自分のタイミングで髭脱毛をができるため、口コミで評判が良く、人気があります。

【自宅でできる青髭解消法2】電気シェーバーによるヒゲそりで安全に髭脱毛!

値段 効果 手間 お肌の負担

電気シェーバーなら、自宅で安全に髭脱毛ができます。

脱毛と言っても本来の意味での脱毛ではなく、伸びた青髭を処理して身だしなみを整えるというものです。

ヒゲソリは電気シェーバーとT字カミソリでできますが、おすすめなのは断然、電気シェーバーです。

というのも、T字カミソリによる青髭の処理は、実は肌を削る行為なため肌の負担が大きく、カミソリ負けなどの肌トラブルが起きやすいのです。

電気シェーバー本体は安いもので3000円~、口コミで評判が良い人気機種は1万円~3万円なので、T字カミソリよりも高いと考えられていますが、10年単位で見ると、電気シェーバーの方が安いです。

■10年間のトータル費用の比較

電気シェーバー 5万円(※機種による)
T字カミソリ 6.5万円(※個人差アリ)

電気シェーバーでの髭処理は、毎日するものですので、根本的な青髭解消にはなりません。

【自宅でできる青髭解消法3】髭脱毛せずにファンデーションで隠す!

値段 効果 手間 お肌の負担

ファンデーションとは、肌の凹凸やシミ、そばかすなどを隠す機能のある化粧品です。

男性の美意識が高まったことやコスプレをする男性が増えたこと、女装をする男性がいることなどから、メンズ専用のファンデーションが販売されています。

女性用だと違和感がありバレてしまうことがありますので、男性の肌になじむようにしたメンズ専用のものを選ぶようにしましょう。

値段は安いもので1800円~、良いものを選ぶと4000円します。

ファンデーションには塗る粉タイプと液体を伸ばすリキッドタイプがあります。

リキッドタイプには、日焼け止め防止効果のあるBBクリームもあります。

日焼けは肌にダメージを与えますので、そういったことも考えて選んでみてください。

ファンデーションは、自宅で手軽に使うことができますが、髭を隠すだけで脱毛をするわけではありませんので、根本的な青髭解消にはなりません。

【自宅でできる青髭解消法4】抑毛ローション(脱毛クリーム)を使えば髭が薄るなる?

値段 効果 手間 お肌の負担

抑毛ローションとはムダ毛の成長を抑える有効成分が入ったローションです。

「脱毛クリーム」と検索すると抑毛ローションが出てきますので、抑毛ローションを脱毛クリームと勘違いしている人がいます。

さらに販売しているページでは青髭解消を匂わせる文言がありますので、「使えば髭が薄くなる」、「青髭が解消できる」と勘違いしている人がいます。

しかし、その多くは化粧品ですので、肌を健やかに整えるスキンケアはできますが、実際には髭脱毛には何の効果もありません。

ただし、厚生労働省に認められた医薬部外品の抑毛ローションには、使い続けることで徐々に毛の成長スピードが遅くなったり、細くなったりする効果が期待できます。

ただ、個人差が激しいです。

医薬部外品の抑毛ローションは、1本7,000円~10,000円とかなり高額です。

もちろん、根本的な青髭解消にはなりません。

【自宅でできる青髭解消法5】T字カミソリでの髭脱毛はおすすめではない

値段 効果 手間 お肌の負担

青髭解消法にはT字カミソリによる髭脱毛がありますが、できればやめた方がイイです。

カミソリによる髭処理は、髭を削る行為なので、肌への負担が大きく、白い粉が吹いたような乾燥肌になったり、ニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)ができたり、カミソリ負けてヒリヒリが治まらなくなったりします。

毎日行うことのため、肌がダメージから回復することがなく、どんどんと調子が悪い肌になっていきます。

青髭が気になるなら、まずはT字カミソリでの髭剃りを電気シェーバーに代えることからおすすめします。

【自宅でできる青髭解消法6】やめた方がイイ!毛抜きでの髭脱毛もおすすめではない

値段 効果 手間 お肌の負担

青髭解消法には毛抜きによる髭脱毛がありますが、こちらもやめた方がイイです。

毛抜き専用機を使ったりピンセットを使ったりして毛を抜くと、毛穴に細菌が繁殖して毛嚢炎になったり、毛が皮膚に埋まる埋没毛になったり、色素沈着を起こしたりします。

毛抜きで抜いても毛根は残っていますので、脱毛できるわけではなく、根本的な青髭解消にはなりません。

【自宅でできる青髭解消法7】髭脱毛には使えない!脱毛ワックス

値段 効果 手間 お肌の負担

脱毛ワックスでできることは、一気にたくさんの毛を抜くことです。

青髭解消法のために、これは使用しないでください。

理由は2つあります。

まず、この方法の原理は毛抜きと同じですので、毛抜きによる髭脱毛と同じようなリスクがあるからです。

次に、顔の皮膚は身体とは違い薄く、痛覚がたくさんあるので、メーカーは使用を禁止しているからです。

どうしても使ってみたい場合は自己責任で対応してください。

【自宅でできる青髭解消法8】髭脱毛には使えない!除毛クリーム(脱毛クリーム)

値段 効果 手間 お肌の負担

除毛クリームとは、チオグリコール酸カルシウムという毛を溶かす作用がある成分を使用した医薬部外品です。

医薬部外品とは、厚生労働省が効果があると認めたものです。

脱毛クリームと検索すると除毛クリームが出てくることから、「これで脱毛ができる!」と勘違いする人がいますが、本来の脱毛効果はありません。

あくまで除毛ですので、今ある毛を溶かして取り除くだけで、1ヶ月以内にほぼ元通りになります。

また、「青髭にも問題なく使用できる」と勘違いしている人がいますが、毛を溶かす作用は肌にも影響しているので、皮膚が薄い顔には使用できません。

自宅での髭脱毛に最もおすすめは「家庭用脱毛器」での青髭解消!その3つの理由とは?

自宅で髭脱毛をするなら、家庭用脱毛器での青髭解消がおすすめです。

その理由は3つあります。

・確かな効果
・時間がかからない
・コスパが良い

それぞれ詳しくご案内していきます。

【自宅での髭脱毛に家庭用脱毛器がおすすめな理由1】確かな効果が期待できる

まず、自宅で青髭解消ができる8つの方法のうち、本来の意味での脱毛ができるのは家庭用脱毛器だけです。

家庭用脱毛器だけが、毛根に熱によるダメージを与えて、変性をさせることができるからです。

照射後、1週間~10日ほどで自然と毛が抜けていきます。

毛周期に合わせて照射を繰り返し行うことで、青髭が徐々に薄くなっていきます。

毛周期に合わせて施術を繰り返す理由については、こちらの【毛周期で変わる?】脱毛方法別の髭脱毛の周期・回数・期間の目安に詳しく乗っていますので、チェックしてみてください。

目安としては、2週間の間隔で、16回、8ヶ月間すると、青髭がかなり薄くなります。

その後、1ヶ月に1度の間隔で、20回、1年8ヶ月間すると、ほぼツルツルに髭脱毛することができます。

まずは3ヶ月間、計6回ほど試してみてください。

【自宅での髭脱毛に家庭用脱毛器がおすすめな理由2】短時間で簡単にできる

家庭用脱毛機での施術は、1回あたり、7~15分で完了します。

青髭が薄くなってくれば5分~10分、3分~5分と短くなっていきます。

幅があるのは、家庭用脱毛器は機種によって照射面積が異なるからです。

照射部分が広いものは早く終わりますが、狭いものは長くなかります。

照射は、ボタン一つでできますし、用意するものは保冷剤とサングラスだけですので、本当に簡単です。

【自宅での髭脱毛に家庭用脱毛器がおすすめな理由3】手ごろな価格で手に入る

家庭用脱毛器は1台 40,000円~100,000円程度です。

本体の値段はそこそこしますが、脱毛サロンやクリニックに通うことを考えると、リーズナブルです。

機種によって異なりますが、青髭を薄くするだけでなく、ツルツルにするにも、十分な照射回数があります。

脱毛がこの金額でできるなら、十分に手頃な価格と言えます。

どっちがおすすめ?家庭用脱毛器による自宅での髭脱毛vsプロによる髭脱毛!

家庭用脱毛器での髭脱毛は、プロに依頼するよりもリーズナブルですが、それ以外に、どのような違いがあるのでしょうか?

値段 効果 お肌の負担 痛み
家庭用脱毛器
クリニック
脱毛サロン

それぞれの髭脱毛の方法を、メリット、デメリットを交えながらご案内いたします。

クリニックでの医療レーザー脱毛のメリット、デメリット

値段 効果 お肌の負担 痛み

クリニックのメリットは次の通りです。

・医療用レーザーで高出力の脱毛ができる
・通う回数は6~10回程度、1~2年程度で脱毛が完了する
・医療従事者が施術をしてくれる

クリニックのデメリットは次の通りです。

・費用が高額
・痛みが強い
・日焼けしたお肌や白髪の脱毛はできない
・お肌に負担が強い

クリニックでは、家庭用脱毛器よりもはるかに強力な脱毛効果のある、レーザー脱毛器を使っていますので、少ない回数で脱毛ができます。

ただ、麻酔が必要なぐらい痛みが強く、その分、お肌に負担がかかるので、施術後に、ニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)ができるといった肌トラブルが発症することがあります。

また、家庭用脱毛器とは違って、プロに施術をお願いする分、費用が高いです。

脱毛サロンでのフラッシュ(光)脱毛のメリット、デメリット

値段 効果 お肌の負担 痛み

脱毛サロンのメリットは次の通りです。

・経験豊富な技術者が施術してくれる
・クリニックには劣るが、家庭用脱毛器よりも出力が強いので効果が高い
・照射漏れがない
・お肌のダメージは少ない

脱毛サロンのデメリットは次の通りです。

・希望の時間に予約が取れないこともある
・ツルツルの状態にするには20回以上通う必要がある
・家庭用脱毛器よりは費用が高い

脱毛サロンの光脱毛と家庭用脱毛器の仕組みは同じですが、脱毛効果はサロンの方が上です。

自宅ですると、照射漏れといって、うまく光が当たらずに毛が残ってしまう箇所が出てきてしまいますが、プロに依頼するとほぼ漏れることなく脱毛ができます。

レーザーに比べて痛みが少ないことと1000円~お試し施術を受けることができるというリーズナブルさが人気の理由です。

ただ、家庭用脱毛器の方が、痛みが少なく、トータルの費用が安いので、自分でやり続けることができ人には、家庭用脱毛器がいいです。

■管理人より

クリニックでのレーザー脱毛、脱毛サロンでの光脱毛、家庭用脱毛器のそれぞれにメリット、デメリットがあり、どの脱毛方法を選ぶかは、あなたが重視する項目によります。

次のような方には、は家庭用脱毛器がおすすめです!

・自宅で好きな時に青髭解消ができる
・値段が安い方がイイ
・痛みが苦手

自宅で髭脱毛する人に人気!口コミで評判の良い5つの家庭用脱毛器をランキング!

今回比較したのは、次の5つの家庭用脱毛器です。

ケノン
トリア
2PS
エピレタプロ
メンズレイボーテ

いずれも口コミで評判の良いのでおすすめですが、比較検討した結果、次のようにランキングしました。

第1位 ケノン

ケノン本体

自宅で家庭用脱毛器で脱毛したい人に、最もおすすめなのは、ケノンです。

ケノンは、安心の日本製で、抜群の知名度と口コミ人気が高い家庭用脱毛器です。

日本人の肌質や毛質に合わせて作られているので、確かな効果が期待できます。

電子部品は日立グループ、ガラス部品はHOYA(株)と日本を代表する大手メーカーの部品が使われているので、品質と性能の高さで選ばれています。

プレミアムカートリッジを使えばレベル1の照射でも100万発、最大レベル10で30万発照射できます。

家族3人で全身脱毛に使ったとして6年以上持ちますので、一度購入すればカートリッジを交換する必要がほとんどありません。

カートリッジには4種類あり、部位や目的によって選ぶことができるので家族と共用する場合でも衛生的です。

ストロングカートリッジは脱毛パワーが強く髭脱毛に適しています。


価格 69,800円
総合評価 ★★★★★
照射回数 100万発(Lv.1) 30万発(Lv.10)

■管理人の口コミ

使用していて一番嬉しいのは照射面積が広いので、一度に広範囲の脱毛ができちゃうところです。

脱毛にかかる時間が短く済むので忙しくても続けやすいと思います。

レベル1~10段階の切替えできますが、部位によってはレベル8~10は痛みを感じることがあります。

使用説明書に沿って、お肌をしっかり冷却してからすれば痛みも軽減できて、心配なく脱毛できますよ。

第2位 トリア

トリア本体

トリアは、自宅で髭脱毛するための家庭用脱毛器の中で、唯一、アメリカのFDA(食品医薬品局)が認可を受けたレーザー脱毛器です。

髭のような剛毛な毛にもしっかり効果がありますが、その分、痛みが結構強いです。

一度充電すれば1時間は継続使用が可能で、ケーブルを外して使用できるのでとても使いやすいです。

他の脱毛器と違いカートリッジを交換する必要がない代わりに、充電を500回行うと本体が使えなくなるので買い替えが必要です。


価格 54,800円
総合評価 ★★★★☆
照射回数 充電回数500回

■管理人の口コミ

自宅でレーザー脱毛できるなんてお手軽でとてもうれしいですが、安全性が心配な方もいるのではないでしょうか。

ダイオードレーザーを使用していますが、家庭用に出力を抑えてあるので過剰な心配はいりません。

とはいえ、使用前にはお肌をしっかり冷却してから脱毛するようにしましょう。

そして、レーザーなので痛みは強いです!

特に、ヒゲは密度が高いので痛みが強く感じるかもしません、照射レベルを5段階から選べるので続けやすいように調節しましょう。

第3位 2PS(ツーピーエス)

2PSに自動照射機能があり、自分でボタンを押す手間がかからないから便利です。

コンデンサ部分とお肌にあてるプローブ部分がケーブルでつながっているタイプなので、充電する必要がなく、使いたい時にすぐに照射できます。

長い時間脱毛するとプローブ部分の重さが腕に負担になることがありますが、この2PSは105gと他の脱毛機器と比べて超軽量です。

美顔にも使うことができて、カートリッジ交換が可能なので、長期間使い続けることができます。


価格 53,800円
総合評価 ★★★☆☆
照射回数 132,000発

■管理人の口コミ

2PSの「スキンセンサー」という機能に感心しました。

照射部分がしっかりお肌に触れていないと照射されないのです。

誤射を防ぐ安全対策がされているので安心しました。

照射の光は相当強いので「スキンセンサー」がなくて誤射してしまったらかなりまぶしく感じると思います。

脱毛の痛みはソフトだと思います。

無痛ではないですが、痛くて続かない~ってことはなさそうです。

第4位 エピレタプロ

エピレタプロは、日用品などの製造販売で有名なアイリスオーヤマが手掛ける家庭用脱毛器です。

光照射と超音波の相乗作用で脱毛していく「ホームパルスライト」を搭載。

お肌にやさしく、痛くない脱毛が可能です。

安全対策として「タッチセンサー」と「肌色センサー」を採用しています。

「タッチセンサー」は照射部分がお肌に密接していないと照射が開始されない機能、「肌色センサー」は日焼け部分や色素沈着部分といった照射ができない箇所を感知して照射できないようにする機能です。

おかげで、肌や目に負担がかからず脱毛ができます。


価格 41,760円
総合評価 ★★★☆☆
照射回数 300,000発

■管理人の口コミ

生活用品などでお世話になっているアイリスオーヤマ製品で、他の家庭用脱毛器とくらべてかなりお安いと思います。

公式サイトよりも楽天やamazonの方がセール価格でお安いので、価格を比較してから購入することをおすすめします。

脱毛の痛みはほとんど感じません。

光と超音波を組み合わせた脱毛方法なので、照射エネルギーを抑えているそうです。

第5位 メンズレイボーテ

ヤーマン「メンズレイボーテ」

メンズレイボーテは、美容家電で知名度の高いヤーマン製の男性の髭に特化した家庭用脱毛機器です。

脱毛に適した波長と美肌効果のある波長を兼ね備えた広範囲な光を照射するため、脱毛しながら肌のケアもできるため一石二鳥です。

ヒゲ専用に作られているので、価格も非常にリーズナブルですが、カートリッジの交換はできないためランプの寿命がきたら本体も使い捨てになります。


価格 37,800円
総合評価 ★★★☆☆
照射回数 250,000発

■管理人の口コミ

毎日の髭剃りでお肌が荒れ気味な方には、ヒゲ脱毛と美肌ケアが同時にできるのはうれしいですね。

使い方は、ヒゲソリ ⇒ メンズレイボーテ ⇒ 保湿です。

メンズレイボーテのデザインはシェーバーと似ているので、男性でも気負いなく使えます。

自宅でヒゲ脱毛するなら家庭用脱毛器のケノンが最もおすすめ!

自宅での髭脱毛する家庭用脱毛器の中で、もっともおすすめなのは、ケノンです。

ケノンで髭脱毛中

■ケノンがおすすめの理由

・高い脱毛効果
・照射面積が広いため脱毛時間が短い
・照射回数が多いのでコスパが良い
・使用実績が多く、口コミでの評判が良い
・安心の日本製
・サポートがしっかりしている

ケノンの脱毛効果が高いのは、コンデンサが4つ本体に格納されているからです。

コンデンサとは、光脱毛のパワーを生み出す部分ですが、ケノンでは、日本の大手家電メーカー日立化成が制作したものを搭載しています。

照射回数がレベル1で100万発、レベル10で30万発なので、1発当たりの値段がリーズナブルです。

自宅で髭脱毛するなら、まずは家庭用脱毛器のケノンを使ってみてください。

まとめ

自宅でできる青髭解消方法は8つありますが、その中で髭脱毛ができるのは家庭用脱毛器だけです。

そして、その中で最もおすすめなのがケノンです。

ケノンは使いやすくてコスパも優れているので、ネット通販「楽天」の多くの部門で第1位を獲得するほど販売実績があります。

実際に使った人の口コミでの評価が高いので、本当におすすめです。