ヒゲ毛抜きtop
「ふと気がついたら、指を使ってヒゲを抜こうとしていたっ!」

気持ちいいのでつい癖になってしまい、ピンセットでヒゲ抜きをしていませんか?

実は、ヒゲ抜きには、4つの副作用があるのですが、意外と深刻なのです。

このページでは、次のことをご案内しています。

  • ヒゲ抜きに関する素朴な疑問
  • ヒゲ抜きのメリット・デメリット
  • ヒゲ抜きによって引き起こされる4つのトラブル
  • 正しいヒゲの抜き方
  • ヒゲの処理におすすめな方法
  • ヒゲの処理におすすめなアイテム
  • 読み終えていただくと、髭処理の方法として「ヒゲ抜きがおすすめなのか?危ないからそれ以外の方法がいいのか?」が分かるだけでなく、あなたの青髭解消のベストな方法が見つかりますよ。

    危ない?抜いたほうがいい?ヒゲ抜きの気になる3つの疑問

    疑問
    ピンセットなどでヒゲ抜きをしていると、

    「いつかヒゲが生えてこなくなるのかな~」
    「薄くはなるだろう」

    って期待してしまいますよね。

    生えてこなくなる、薄くなるという期待とともにネットで調べてみると、逆に「濃くなる?」というキーワードが出てきたり情報が錯綜しています。

    そんな情報に惑わされないために、実際はどうなのか検証していきましょう。

    【ヒゲ抜きの疑問①】ヒゲが生えなくなるって本当?

    ヒゲ抜きを続けているとヒゲが生えなくなるのかどうかは気になりますよね。

    答えは、NOです。

    その理由は、ヒゲ自体を抜いてもヒゲの生成や成長を司っている毛根部は毛穴の中に残っているからです。

    毛根部があれば、髭はいくらでも再生されます。

    実際にヒゲ抜きをしている人のネット上の口コミには次のようなものがあります。、

    俺は中学の時から抜いて12年、ぶっとい髭ありまくりで笑えるのです。抜くのは気持ちいいからどーでもいいけどね。

    参照)5ch(旧2ch)

    毎日毎日抜いても生えてくるわ

    参照)5ch(旧2ch)

    10年以上抜き続けてもヒゲは生えてくるようです。

    ヒゲが生成されるしくみとヒゲ抜きをしても生えてくるメカニズムは次のようになっています。

     髭が生成されるしくみ

    毛根部の一番下に毛球と呼ばれる膨らんだ部分があり、その最下部に毛乳頭があります。

    1.毛乳頭が毛細血管から栄養素と酸素を取り込み、その周りの毛母細胞に送り込む
    2.毛母細胞は活発に細胞分裂を繰り返し、ヒゲが生成される

      ヒゲ抜きをしても生えてくるメカニズム

    1.皮膚表面に出ているヒゲ(毛幹)を抜く
    2.毛根部までしっかり抜けず、ヒゲが引きちぎられた状態になる
    3.残った毛乳頭の中の毛母細胞が細胞分裂をすることでヒゲが生成される

    参照)日本医学脱毛協会聖心美容クリニック

    このしくみとメカニズムがある限り、いくらヒゲ抜き続けても生えてくるのです。

    また、国内外のサイトで、生えなくなるということに関する医学的な根拠を探したのですが、見つかりませんでした。

    【ヒゲ抜きの疑問②】ヒゲが薄くなるって本当?

    残念ながら、いくらヒゲ抜き続けても薄くなりません。

    先ほどもご案内したように、毛乳頭が生きている限り、髭は何度でも再生されます。

    ですので、いくらヒゲ抜きをしても、ヒゲの量が減ることはありません。つまり、薄くならないのです。

    実際にヒゲ抜きをしている人のネット上の口コミには次のようなものがあります。

    20年以上ずっと抜いてるけどちっとも薄くならねー

    参照)5ch(旧2ch)

    【ヒゲ抜きの疑問③】ヒゲが濃くなるって本当?

    ヒゲ抜きを続けているとヒゲが濃くなるの答えは、残念ながらYESです。

    マウスを使った実験では、このような結果が出ています。、

    過剰な刺激を皮膚に与えると、体毛が一時的に5~10%太くなる

    参照)フェザーミュージアム

    ヒゲを抜くという行為は、皮膚に強い刺激を与えることになるので、ヒゲが太く濃くなる可能性があります。

    実際にヒゲ抜きをしている人のネット上の口コミには、

    ヒゲ抜いてたら薄くなるって言ったの誰だよ?!絶対濃くなってるし…!!

    参照)5ch(旧2ch)

    濃くなっているのを実感している人もいるようです。

    しかし、太くなるというのも通常より少し太くなる程度で、さらに一時的なものなので、刺激を与えなくなると元に戻ります。

    これは医学的な根拠があることですので、もしヒゲ抜きを続けるなら、できるだけ刺激が弱くなるようにヒゲ抜き機やピンセットを丁寧に扱いましょう。

    このページには、正しいヒゲ抜き方法を掲載していますので、参考にしてくださいね。

    ヒゲ抜きは気持ちいいけどメリット・デメリットもあると知っておこう!

    メリットデメリット
    ここでしっかり、ヒゲ抜きによるメリットとデメリットを把握しておきましょう。

    まずはメリットです。

     ヒゲ抜きのメリット
  • 一時的な脱毛効果が得られる
  • 1本ずつピンポイントでヒゲを処理できる
  • ヒゲ抜きをすれば青ヒゲが解消されると勘違いしやすいですが、実際は一時的にヒゲがなくなるだけで、根本的な青ヒゲ解消はできません。

    あくまでも、一時的なメリットということを理解した上で、処理しましょう。

    続いてデメリットです。

     ヒゲ抜きのデメリット
  • ヒゲ抜き時に強い痛みを伴う
  • 1本ずつ処理するので、時間がかかる
  • 炎症や化膿など肌トラブルの危険性が高い
  • ヒゲが濃くなる可能性がある
  • 気持ちよくて癖になる
  • ヒゲ抜きによるメリットは一時的ですが、デメリットは長期間にわたるものが多いです。

    例えば、ヒゲが濃くなる可能性があるということについては、皮膚がヒゲ抜きの刺激を外的なダメージと捉えたためです。

    濃くなったのにヒゲ抜きをし続けると、ずっと青髭が濃いままになってしまいます。

    また、ヒゲ抜きによる刺激は快感に変わりやすいため、だんだんと気持ちよくなって癖になり、無意識のうちに抜くようになってしまします。

    これらのデメリットを放置しておくと、次でご案内する副作用になったり、医療機関を受診しなければならない場合が出てきたりします。


    適切な処置の仕方を知っておく必要があります。

    放置NG!ヒゲ抜きによる4つの副作用への対処法

    NG
    ヒゲ抜きには、「埋没毛(まいぼつもう)」、「毛嚢炎(もうのうえん)」、「色素沈着」、「抜毛症」という4つの副作用があります。

    ヒゲ抜きが原因で起きているこうしたトラブルにいち早く気づき対処することで、さまざまな症状の重症化を防ぐことができます。

    それでは早速、それぞれの症状と対処法を詳しく見ていきましょう。

    【ヒゲ抜きの副作用1】毛が皮膚に埋まる埋没毛が発症する!

    埋没毛
    埋没毛とは、皮膚の中で成長してしまう毛のことです。

    なぜ皮膚の中で成長してしまうのかというと、傷を負った皮膚が再生するためにかさぶたのような薄い膜を作り、その薄い膜によって毛穴が塞がれ、次に生えてくる毛が表皮の上に出てこれない状態になるからです。

    「ヒゲ抜きで皮膚が傷を負うの?」と思う方もいるかもしれませんが、ヒゲ抜きをすると毛穴の周りの皮膚が引っ張られ角質が剥がされます。

    ヒゲのように剛毛で密度が高いと、同じ場所を何度も引っ張ることになるので、角質層が傷つき埋没毛が生まれるのです。

    埋没毛になると、皮膚表面から丸まった毛が見えたり、毛穴が黒くぶつぶつする症状がでます。

     埋没毛への対処法

    埋没毛になったら、針やピンセットを使って埋没毛を自分で無理矢理出そうとするのはNGです。

    この行為によって、さらに皮膚を傷つけ、次に生えてくるヒゲも埋没毛にしてしまう可能性が高くなるので、絶対に止めましょう。

    埋没毛を対処する上で、自然に埋没毛を皮膚の上に出すことが重要です。

    セルフケアの手順は、顔用の保湿クリームを塗り角質をやわらかくし、自然と埋没毛が出てきやすい状態を作ります。

    埋没毛が皮膚表面にでてきたら、しっかり肌を保湿してから毛の流れに沿って軽く電気シェーバーで剃りましょう。剃った後も肌の保湿を忘れないことが大切です。

    参照)インフォシークニュース

    埋没毛についてより詳しくはこちらの埋没毛ができる4つの原因・4つの治し方・3つの予防方法を徹底解説!をご覧ください。

    【ヒゲ抜きの副作用2】ニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)ができる!

    にきび
    毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包(毛根を包む組織)に細菌が侵入し起こる炎症のことです。

    ブドウ球菌と呼ばれる常に皮膚に存在している常在菌が、ヒゲ抜きによって傷つけられた毛包に入り込み感染します。

    毛嚢炎になると、皮膚に赤い発疹ができたり小さな白ニキビのような症状がでます。

     毛嚢炎への対処法

    赤みやかゆみ、痛みがない場合の毛嚢炎は、数日で自然治癒します。

    手で触るなどの刺激を与えず、皮膚を清潔に保ち保湿ケアもしっかり行いましょう。

    赤いブツブツが次々にできたり、痛みを伴う毛嚢炎の場合は、すみやかに皮膚科を受診することをおすすめします。

    重症化する前であれば、抗菌薬やステロイド配合の軟膏、抗真菌薬などを使っての治療が可能です。

    毛穴の周りが赤く腫れしこりのようなものができたり、膿が溜まってしまうなど悪化した毛嚢炎の場合は、患部を切開して膿を出す外科的手術が必要になる可能性もあります。

    痛みを感じたり、広範囲にわたって赤い発疹がでている場合は、自己判断せずに皮膚科へ行き、医師に相談することが大切です。

    毛嚢炎についてより詳しくはこちらの髭脱毛の施術前に知っておきたい毛嚢炎のリスクとその予防法をご覧ください。

    【ヒゲ抜きの副作用3】色素沈着ができて黒ずみやシミができる!

    シミ
    色素沈着とは、ヒゲ抜きの刺激に反応し、メラニン色素が生成された結果、黒ずみやシミがあらわれる症状のことです。

    メラニン色素は、外的なダメージを受けた肌を保護する防御反応として活性化し増殖します。

    ヒゲ抜きによってピンポイントで刺激を受けた肌は、斑状の色素沈着になりやすいです。

     色素沈着への対処法

    初期段階の薄い色素沈着の場合、肌のターンオーバーによって数ヶ月で自然治癒します。

    肌のターンオーバーを正常に促す、たんぱく質・ビタミンB群・必須脂肪酸などの栄養素をまんべんなく摂取し、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

    色素沈着の色が灰色や青みがかってみえる場合、メラニン色素が真皮まで到達しているので、表皮の新陳代謝である肌のターンオーバーでは改善することが難しいと言われています。

    気になる場合は、皮膚科へ行き医師に相談することをおすすめします。

    参照)エスエス製薬

    【ヒゲ抜きの副作用4】危ない⁉精神疾患の抜毛症になる

    精神疾患
    抜毛症とは、髪の毛や眉毛、ヒゲなどの正常な毛を無理やり引き抜いてしまう精神疾患です。

    抜毛症を発症する原因は解明されていませんが、様々な要素が複合して起こるものとされています。

    例えば、精神的ストレスから毛を抜くことで達成感や安堵、快感を覚えクセになってしまったり、無意識に抜毛を行う行為も抜毛症の症状の1つです。

    ヒゲを手でいじって抜いていたり、ヒゲ抜きが快感になって習慣化している場合は、抜毛症の可能性があります。

     抜毛症への対処法

    まず初めに、ヒゲ抜きをしようとする時の行動、引き金に気づく必要があります。

    無意識のレベルでヒゲ抜きを行っている可能性が高いので、気づいたときはしっかり自分の行動をメモするようにしましょう。

    そして、ヒゲ抜きをしたくなったらわざと手をポケットに入れたり、ストレスボールをギュッと握ったりして、ヒゲ抜きに対抗するような行動を取るように心がけましょう。

    自分で意識していくことが大切です。

    ヒゲ抜きを止めたいと思っているのに止められず悩んでいる場合は、専門医に相談することを強くおすすめします。

    参照)スキンケア大学

    癖になっている方必見!!ヒゲ抜きの正しい方法

    毛抜き
    ヒゲ抜きのデメリットや副作用を知っても、「もう癖になっていてすぐにはヒゲ抜きを止められない…」という方もいるかと思います。

    リスクを承知の上でヒゲ抜きを続けるのでしたら、ぜひ、少しでも肌への負担を減らす正しいヒゲの抜き方をマスターして、丁寧にヒゲ抜きをしてください。

    肌トラブルを回避できる可能性が高くなります。

      正しいヒゲの抜きの仕方

    1.ヒゲ抜きに使う毛抜き(あるいはピンセット)と手を消毒する

    2.顔を洗顔して汚れを落とす
    ※ヒゲ抜き後に炎症を起こすリスクを減らすためです。

    3.ヒゲ抜きする部分を清潔な蒸しタオルで温める
    ※皮膚を柔らかくして毛穴を開くことで抜きやすくするためです。

    4.毛抜きでヒゲをしっかり掴む

    5.掴んだヒゲを毛の向きに沿って抜く
    ※毛抜きでは掴めないような短いヒゲは無理やり抜かないようにしてください。

    6.ヒゲ抜き後は保冷剤などで肌を冷やす

    7.保湿ケアを入念にする

    8.毎日、肌を清潔に保ちながら保湿ケアを続ける

    毛嚢炎や色素沈着などの副作用を引き起こさないように、上記のようにしてヒゲ抜きをしましょう。

    おすすめ度順!ヒゲ抜きの代わりの10の青髭対策

    10の方法
    ヒゲ抜きの代わりになる青髭対策の方法は全部で10あります。

    大きく自宅でできる対策が7つ、プロに依頼する対策が3つあります。

    それぞれの選ぶ基準で評価し、おすすめ順に掲載していますので、興味・関心が沸いたものを取り入れてみてください。

    ヒゲ抜きの代わりに!自宅でできる7つの青髭対策

    自宅でできるのは、電気シェーバーによる髭剃り、抑毛ローション、家庭用脱毛器、ファンデーションで隠す、T字カミソリによる髭剃り、除毛クリーム、脱毛ワックスの7つあります。

    方法 効果 安全性 価格 おすすめ度
    電気シェーバー
    抑毛ローション
    T字カミソリ
    家庭用脱毛器
    ファンデーション
    除毛クリーム
    脱毛ワックス

    評価基準は、効果・安全性・手軽さ・価格です。

    同じ髭剃りでも電気シェーバーとT字カミソリではおすすめ度が違います。

    意外に除毛クリームや脱毛ワックスは低いです。

    その理由は後ほど、具体的に記載していきます。

    ヒゲ抜きの代わりに!プロに依頼する3つの青髭対策

    プロに依頼する方法は、医療レーザー脱毛、光脱毛、美容電気脱毛(ニードル脱毛)の3つです。

    脱毛方法 効果 痛み 回数 価格 おすすめ度
    医療レーザー脱毛
    光脱毛
    ニードル脱毛

    評価基準は、効果・痛み・回数・価格です。

    評価基準に痛みとありますが、3つの青髭脱毛には、痛みが伴います。

    また、回数という基準がありますが、これは、脱毛は1度では終わらず、何度でも通う必要があるということです。

    後ほど、詳しく見てまいります。

    おすすめ順!ヒゲ抜きの代わりに自宅でできる7つの青髭対策

    ヒゲ抜きは思い立った時にすぐできるので、手軽で便利なヒゲの処理方法ですが、これまでご案内してきたように、デメリットや副作用がありますので、できればしないようにしたいところです。

    でも「自宅でいつでも好きな時に自分でヒゲを処理したい」と思っている方は多いはず!

    効果や安全性などを見極めて、自分の肌の状態に合った方法を見つけましょう。

    自宅でも外出先でもOKな電気シェーバーはヒゲ抜きの代わりにおすすめ!

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    誰でも簡単にヒゲの処理ができる方法といえば、定番のヒゲ剃りです。

    毎日のヒゲ剃りがめんどくさいからヒゲ抜きをしているという方もいらっしゃると思いますが、肌への負担を考えると、T字カミソリよりも電気シェーバーでのヒゲ剃りがおすすめです。

    その理由は、外刃を肌にあて皮膚から押し出されたヒゲを内刃でカットするため、直接肌に触れることなくヒゲの処理ができるからです。

     電気シェーバーのメリット

  • 肌トラブルを起こしにくい
  • 忙しい朝など時間がない時に便利
  • 刃の交換頻度が少ない
  •  電気シェーバーのデメリット

  • 機種によっては、使用後にザラザラ感が残る
  • 細い毛や細かい部分は剃り残しになる場合がある
  • 使用後はシェーバーの洗浄が必要
  • 電気シェーバーは毎日使う物なので、使用後はお手入れをして清潔に保つことが大切です。

    また、肌の弱い方は、摩擦抵抗を減らし角質のはがれを防ぐプレシェーブローションを使うことをおすすめします。

    とにかくリスクが少く気軽に短時間でヒゲを処理できることが、電気シェーバーの最大の利点ですね。

    抑毛ローションなら安心して継続的に青髭対策ができる!

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    除毛や脱毛とは違い、ヒゲの成長を抑える抑毛ローションもおすすめです。

    その理由は、肌への負担が少ないまま徐々にヒゲを薄くでき、同時に保湿ケアもできるからです。

     抑毛ローションのメリット

  • ヒゲの成長が遅くなり、青ヒゲが目立たなくなる
  • 肌に浸透させるだけで、痛みもない
  • 保湿成分が含まれている
  •  抑毛ローションのデメリット

  • 使用前にヒゲ剃りをしなければならない
  • 効果を感じるまでに個人差あり
  • 効果を維持するために、使い続けなければならない
  • 抑毛ローションの主成分であるイソフラボンは、女性ホルモンに似た作用があり、毛の成長を遅くさせ、そして細く抜けやすくさせる働きがあります。

    また、植物由来エキスなので、肌の弱い方にも安心して使っていただけます。

    効果が出るまで早くて2週間、遅くて2ヵ月くらいかかりますが、抑毛効果と保湿効果が同時に得られるのは魅力的です。

    家庭用脱毛器なら自宅でいつでも青髭脱毛ができる!

    ケノン本体

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    ヒゲの処理より一歩進んで減毛を目指すなら、家庭用脱毛器がおすすめです。

    その理由は、皮膚の上に出ているヒゲだけでなく、毛根部にもダメージを与えることができるからです。

     家庭用脱毛器のメリット

  • 減毛効果を期待できる
  • 自宅でエステ脱毛を体験できる
  • 美容機器なので、美肌効果も期待できる
  •  家庭用脱毛器のデメリット

  • 使用前にヒゲ剃りをしなければならない
  • 出力が弱く、効果を実感するまでに時間がかかる
  • 頻繁に使用する必要がある
  • アフターケアを自分で行わなければならない
  • 好きな時間に自宅で脱毛できるのは魅力的ですが、医療機器ではなくあくまでも美容機器なので、プロによる脱毛ほどの威力はありません。

    そのため、完了までの回数が多くなりますし、青髭は減ってもツルツルにまではなりにくいです。

    それでも興味のある方は、ヒゲ脱毛に特化した人気のケノンや家庭用で唯一のレーザー脱毛器のトリアなど、他の方が使って効果があったという口コミがある機器もあるので、一度トライしてみてください。

    トリア本体

    家庭用脱毛器については、こちらの【ひげにおすすめ】口コミで人気の家庭用脱毛器5選の比較ランキングでチェックしてみてください。

    ヒゲを目立たなくする青髭対策ならファンデーションも効果的!

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    濃いヒゲがコンプレックスで今すぐなんとかしたいと思っているのであれば、ファンデーションで隠すのも効果的です。

    「えぇ?ファンデーション??」と思う方もいると思いますが、最近では男性用コスメが出ており、美意識の高い人コスプレをする人、女装をする人が使っています。

     ファンデーションのメリット

  • 薄く塗るだけで青ヒゲが隠せる
  • パパッと使うだけで簡単、手間なし
  • 日焼け止め感覚で使える
  •  ファンデーションのデメリット

  • 使用前にヒゲ剃りをしなければならない
  • つけすぎると、不自然な仕上がりになる
  • 抵抗がある人にはかなりハードルが高い
  • バレたときの周囲の反応が読めない
  • 日焼け止め感覚で使える男性用ファンデーションから、持ち歩きに便利なスティックタイプのものまであるので、青ヒゲに困ったときの選択肢に追加してみては?

    男性用を選ぶことを忘れないようにしてくださいね。

    ヒゲ抜き同様、T字カミソリでの青髭対策はおすすめしない!

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    T字カミソリは、毛抜きよりも肌へのダメージが強いので、おすすめではありません。

    初期費用はかかりますが、10年間という単位で見た場合にトータルでの費用が電気シェーバーの利用をおすすめします。

     10年間の費用比較

    電気シェーバーでいいものを買うと1~2万円ぐらいで替え刃が3000円ぐらいです。10年間だと約4.5万円かかります。

    カミソリによる髭剃りを10年続けると、替え刃とシェービングフォーム代を計算して約6.4万円かかります。

    一応、次のようなメリットがあります。

     T字カミソリのメリット

  • 深剃りができる
  • 細かい部分までキレイに剃れる
  • 価格が安い
  • しかし、それを圧倒的にオーバーするデメリットがあります。

     T字カミソリのデメリット

  • 肌を傷つけやすく、ダメージを与えやすい
  • 乾燥肌の原因になる
  • カミソリ負けをする
  • 洗顔や蒸しタオル、シェービング剤を塗ったりと、剃る前に手間がかかる
  • 刃の交換頻度が多い
  • 青髭を濃くする可能性がある
  • もしT字カミソリを使うなら、キチンと肌を温めて、シェービングフォームを使って剃った後、アフタシェーブローションを塗ってください。

    肌を削っているので、肌を守ってくれるバリア機能が損なわれ、乾燥肌になったり肌トラブルになったりします。

    毎日剃るため、肌が回復するための時間が十分になく、ダメージが蓄積されていきます。

    除毛クリームはヒゲ抜きの代わりにはならない!

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    一度に広範囲を処理でき、切り口がなめらかでチクチクしない除毛クリームは、一見すると良さそうな印象を受けますが、残念ながらヒゲの処理には適していません。

    その理由は、メーカーが、体に比べて皮膚が薄い顔への使用を禁止しているからです。

    除毛クリームは、毛のたんぱく質を分解し根元から取り除くものです。

    毛を溶かすほどの成分ですから、肌への刺激が強く、かぶれやアレルギー反応を起こす可能性があります。

    ユーチューブには、除毛クリームを顔に使っている動画がありますが、もし使用する場合は、何かあってもクレームを自己責任でお願いします。

    デメリットが多くヒゲ抜きの代わりにならない脱毛ワックス

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    ヒゲ抜きと同じような効果が得られ、一度に多くのヒゲを処理できる脱毛ワックスは、ヒゲ抜きより良さそうかなと思いますが、残念ながらヒゲの処理には適していません。

    その理由は、こちらもメーカーが顔への使用を禁止しているからです。

    根深いヒゲを一気に引き抜くことで、強い痛みと出血を伴うからです。

    脱毛ワックスは、次のように使います。

    ■脱毛ワックスの使い方

    STEP1 ワックスを肌に直接塗る
    STEP2 脱毛シートを上から貼る
    STEP3 冷えて固まったら一気に剥がす

    強力な吸着力があるワックスを一気に剥がすので、皮膚にはかなり強いダメージを与えます。

    使用後は、出血・内出血・埋没毛・炎症・化膿・肌の黒ずみ・ざらつきが起こる可能性が非常に高いです。

    また、脱毛ワックスを使うためには、ヒゲを1cmほど伸ばす必要があります。普段の生活の中で、1cmヒゲを伸ばすのは、長期休暇がない限り難しい方も多いですよね。

    ワックスサロンでさえもヒゲの脱毛ワックスを基本お断りしているくらいですので、ヒゲの処理にはおすすめできません。

    ヒゲ抜きとは永遠のお別れ!プロに任せる3つの脱毛方法

    脱毛サロンスタッフ
    ツルツルになりたくてヒゲ抜きをしていても、切り離せない肌トラブルにイライラする日々とサヨナラするには、脱毛という選択肢があります。

    脱毛方法 効果 痛み 回数 価格 おすすめ度
    医療レーザー脱毛
    光脱毛
    ニードル脱毛

    早速、脱毛のプロが行う3つの脱毛方法を、おすすめ順にご紹介します。

    ヒゲ抜きよりも永久脱毛の医療レーザー脱毛で青髭脱毛!

    効果 痛み 回数 価格 おすすめ度

    医療レーザー脱毛は、美容クリニックや皮膚科などの医療機関で受けられる効果の高い青髭脱毛の方法です。

    医療行為ですので、国家資格を持った医療従事者である医師もしくは看護士が施術します。

    ※実際は医師は肌チェックだけをして、施術は看護師が行います。

    「ヒゲ抜きはやめたいし、自宅で他の青髭対策しても、ずっとし続ける必要があるなら、いっそ脱毛したい!」とお考えの方もいると思います。

    そんな方には、この方法がおすすめです。

    理由は、日本の法律で唯一「脱毛」と認められているからということと、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)によって、永久脱毛と認められているからです。

    医療レーザー脱毛には2種類あります。

    ■ 従来の脱毛方法:
    メラニン色素に反応するレーザー光を使い、毛乳頭を輻射熱によって破壊する方法

    ■ 最新の脱毛方法:
    毛包に反応するレーザー光を皮膚表面から細かく照射し、バルジ領域を蓄熱させて破壊する方法

     医療レーザー脱毛のメリット

  • 脱毛効果が高い
  • 安全性が高い
  • 自分の毛質や肌の状態に合わせた施術が受けられる
  • 料金がリーズナブルなところがある
  •  医療レーザー脱毛のデメリット

  • 強い痛みを伴う(※麻酔を使用できる)
  • 費用が高いところがある
  • 最大のデメリットは、ヒゲが濃く密度が高い最初の数回は痛いということですが、これは麻酔でカバーできます。

    最近は需要が高まっており、湘南美容クリニックやゴリラクリニック、メンズリゼクリニック、ドクターコバなど、メンズ専門の脱毛クリニックが増えています。

    医療レーザー脱毛では、万が一肌トラブルが起こったとしても、医師によるサポートがあるので安心です。

    ヒゲ抜きでダメージを負った肌でも脱毛できることがほとんどですので、まずは無料カウンセリングに行かれることをおすすめします。

    ヒゲ抜きを辞めて気軽に始められる光脱毛で青髭対策しよう!

    効果 痛み 回数 価格 おすすめ度

    「美容外科はちょっとハードルが高いな」と思う人もいると思います。

    そんな方には光脱毛がおすすめです。

    光脱毛は、医療行為ではなく美容のための施術であり、減毛や抑毛を目的としたエステサロンで受けられる脱毛方法です。

    レーザー脱毛よりも通う回数は多くなりますが、青髭を少なくしたり、ツルツルにしたりすることができます。

     光脱毛の仕組み

    Intense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)という黒色のメラニン色素に反応して熱に変わる光エネルギーを照射する。

    ⇒毛根に熱によるダメージを受けて熱変性した毛根は、毛を生み、育てる機能が低下する。

     光脱毛のメリット

  • 施術中の痛みが弱い
  • 料金設定がリーズナブル
  • 光脱毛を導入している脱毛サロンが多く、通いやすい
  •  光脱毛のデメリット

  • 永久脱毛ではない
  • 照射の出力が弱いため、満足いく効果がでるまでに時間がかかる
  • 日焼けした肌は施術ができない
  • ほとんどの大手脱毛サロンで、トライアルしやすい初回キャンペーン価格が設定されているので、気軽に始められます。

    また、ヒゲの脱毛部位も細かく分けられているため、自分で脱毛したい部位の組み合わせを自由に決められるのも魅力的です。

    ヒゲ抜きよりも不再生脱毛の美容電気脱毛(ニードル脱毛)で青髭対策!

    効果 痛み 回数 価格 おすすめ度

    脱毛でもヒゲ抜きのように1本ずつヒゲが無くなっていくのを実感したいと思うのであれば、ニードル脱毛(美容電気脱毛)がおすすめです。

    その理由は、この脱毛方法は他の2つの方法とは違い、1本1本、確実に毛を処理していく仕組みだからです。

    ニードル脱毛(美容電気脱毛)は、大手のエステサロンか一部の皮膚科などで施術が受けられます。

     美容電気脱毛(ニードル脱毛)の仕組み

    毛穴の向きに沿って針(プローブ)を挿入し、奥にある毛根に直接電流を流して熱変性させて、毛を生むんで育てるという毛根の機能を著しく低下させるというもの。

    1つの毛穴に対して毛根は1つなので、ヒゲ抜きのように、1本1本その場で脱毛できる。

     美容電気脱毛(ニードル脱毛)のメリット

  • 1本ずつ永久脱毛できる
  • 脱毛後すぐに毛が抜ける
  • 日焼け肌や色素沈着があっても施術が可能
  • 白髪でも脱毛できる
  •  美容電気脱毛(ニードル脱毛)のデメリット

  • 施術中の痛みが強い(※施術する人による)
  • 1本ずつ処理するため、時間がかかる
  • 料金が高い
  • 他の2つの方法と違い、白髪や日焼けした肌や色黒の人でも施術を受けられます。

    ニードル脱毛(美容電気脱毛)は、痛みなど施術者の技術によって左右されやすいので、CPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)取得者がいるエステサロンを選ぶことをおすすめします。

    デメリットは、1本1本を処理している方法のため、1回の施術時間が1~1.5時間と長く、高い技術が必要なため料金が高いといことです。

    ヒゲ抜きの代わりは抑毛ローションがおすすめ!

    ローション

    効果 安全性 価格 おすすめ度

    ヒゲ抜きによって、今現在、傷付いてしまっているあなたの肌のことを考えると、もっともおすすめなのは、抑毛ローションによる青髭対策です。

    抑毛効果が得られる上に肌への負担が少ないからです。

    抑毛効果がある成分は、植物由来エキスなので皮膚に塗っても刺激がありません。

    また、抑毛ローションには、保湿効果や抗菌・殺菌・消炎などの効能を含む成分も配合されているので、ダメージスキンから本来の健康的な肌へと促すことも可能です。

    ヒゲ抜きをしてきたあなたの肌には、今は何よりも傷付いている肌をリカバリーすることが大切です。

    ヒゲ抜きを卒業!青髭対策に最適な抑毛ローション4選

    4選
    青髭対策に有効な抑毛ローションを、価格、保証、解約などの基準で評価し、ランキングを作成しました。

    合わせて有効成分についてもまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

    NULL アフターシェーブローション

    NULLローション
    容器・厳選された成分ともに日本製で安心して使える!

    青ヒゲや濃いヒゲに悩む男性のために、しっかり保湿しながら肌のキメを整え、さらにヒゲにも強力アプローチできる成分を厳選して配合したアフターシェーブローションです。

    使用されているすべての成分において安全確認がされており、製造工程ごとに厳しい基準に基づいた品質検査が行われているので、安心安全が保証された日本製の製品です。

    価格 【通常】4,980円
    1日当たり 約83円
    総合評価
    有効成分 豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス
    その他有効成分 水、BG、エタノール、グリセリン、フェノキシエタノール、PEG-60水添ヒマシ油、尿素、クエン酸Na、豆乳発酵液、カラギーナン、クエン酸、パパイン、香料
    保証 30日間返金保証
    解約

    ヒゲ処理後のチクチク感がすべすべに変わるのを実感できるほど、化粧水としても優秀です。使用量の目安としては、朝晩のヒゲ処理後に1回ずつ1プッシュで、2ヵ月に1本のペースです。

    使用者の口コミでは、「ヒゲの成長が遅くなった」と抑毛効果を実感している方もいますが、ポジティブな口コミのほとんどは、肌荒れせずにすべすべの肌になる美肌効果に満足している方が多いです。

    NULL アフターシェーブローションの公式ページ

    グローストッパーEX

    グローストッパー
    特許取得の成分配合で効果バツグン!

    菊花とゴボウの種子とモモ葉をそれぞれ長期熟成して作られた独自の植物エキス配合の濃いヒゲ・青ヒゲ対策成分は、特許を取得しています。

    この長期熟成抽出の植物エキスは、美容にも優れた成分なので美肌効果も期待できます。また、医薬部外品として指定されているので、安心してお使いいただけます。

    価格 【定期】6,300円
    【通常】7,200円
    1日当たり 【定期】約70円
    【通常】約80円
    総合評価
    有効成分 グリチルリチン酸ジカリウム
    その他有効成分 ゴボウエキス、ローマカミツレエキス、桃葉エキス、ダイズエキス、 炭酸水素ナトリウム、キサンタンガム、精製水、エタノール、1,3-プチレングリコール、フェノキシエタノール
    保証 なし
    解約 お届け日の10日前までにマイアカウントから解約

    安心の国内原料・国内生産です。また、肌への優しさも追求されているため、鉱物油・界面活性剤・パラベン・香料・着色料すべて無添加です。

    使用量の目安としては、最初の2~3週間は1回4~5プッシュとたっぷり使うことを推奨されています。値段は少し高めですが、1本使い切るころには青ヒゲが解消されたりと、使用者からの口コミもポジティブな評価がほとんどです。

    グローストッパーEXの公式ページ

    ゼロファクター「5αSPローション」

    ゼロファクター
    品質・安全性は3年連続モンドセレクション受賞でお墨付き!

    男性の剛毛対策コスメとして20年の歴史を誇る老舗が、発毛理論に基づいた成分配合でこだわりぬいて作ったアフターローションです。

    毛乳頭を過剰に刺激する5α-DHTという体内の活性酵素の発生因子である5αリダクターゼを阻害する成分が高配合されており、抑毛の高い効果を期待できます。

    価格 【初回】980円 先着100名様限定
    【定期】5,580円
    【通常】9,000円
    1日当たり 【初回】約33円
    【定期】約186円
    【通常】約300円
    総合評価
    有効成分 ダイズエキス、プエラリアミリフィカ根エキス、ザクロエキス、スペアミント油、ベルゲニアリグラタ根エキス、パパイン、チョウジエキス、サンショウエキス、オウゴンエキス、アカヤジオウ根エキス、ヒオウギエキス
    その他有効成分 水、エタノール、グリセリン、ジグリセリン、BG、カルボマー、PEG−60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、メチルパラベン、水酸化K、メントール、グリチルリチン酸2K、黒砂糖エキス、カンゾウ根エキス、マンニトール、加水分解酵母エキス、甘草フラボノイド、ブロメライン、アロエフェロックス葉エキス、ホップエキス、ヨクイニンエキス、シソ葉エキス、オイスターエキス、キュウイエキス、ローズマリーエキス、レモン果実エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セージ葉エキス、サボンソウエキス、セイヨウキズタエキス
    保証 なし
    解約 4回目の購入のお届け日10日前までに電話解約

    抑毛効果だけではなく、ヒゲ剃り後の肌を鎮静したり、毛穴を引き締め肌に潤いを与えたりと、保湿効果や美肌効果も得られます。

    使用量の目安としては、1ヵ月1本のペースで、使用開始から3ヵ月ほどで効果を実感できるようです。使用者の口コミには、個人差はありますが、「長期間使い続けていると抑毛効果や肌表面が滑らかになったことを実感できる」とあります。

    ゼロファクター「5αSPローション」の公式ページ

    プレミアムアフターシェイブローション

    アフターシェーブローション
    肌&ヒゲの質感変化が期待できるアフターシェイブローション!

    ヒゲにまつわる悩みを解決するべく研究を重ね開発された、アフターシェイブローションです。ヒゲの成長サイクルに着目し、厳選された植物由来エキスで抑毛効果が期待できます。

    また、美肌効果にもこだわり、肌荒れ防止と潤いを保つ保湿成分も配合されているので、深剃りしても滑らかな肌をキープできます。

    価格 【定期】4,666円
    【通常】5,184円
    1日当たり 【定期】約78円
    【通常】約86円
    総合評価
    有効成分 ダイズ芽エキス、ダイズエキス、カッコンエキス、ザクロエキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K
    その他有効成分 水、BG、PEG-6(カプリル/カプリン酸)グリセリル、エトキシジグリコール、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、グリセリン、アミノカプロン酸、1−メチルヒダントイン−2−イミド、クエン酸、クエン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、乳酸メンチル、メチルパラベン、エチルパラベン、香料
    保証 なし
    解約 お届け日の10日前までに電話解約

    スキンケア化粧水としても有能なアフターシェイブローションは、ヒゲ処理で傷ついた肌のトラブル(乾燥・ブツブツ・テカリ)を解決し、美肌効果をもたらしてくれます。

    使用量の目安としては、朝晩の洗顔後に2度塗り3度塗りして、2ヵ月に1本のペースです。使用者の口コミを見ると、個人差がかなり激しいですが、ヒゲが薄くなるのは実感できなくても、ヒゲが細くなったり成長が遅くなったこと、美肌効果については効果を実感できているようです。

    プレミアムアフターシェイブローションの公式ページ

    まとめ

    ヒゲ抜きには、デメリットと副作用がありますので、青髭対策には実は適していません。

    そこで、自宅での青髭対策とプロに任せる青髭脱毛をご案内しました。

    短期的には、まずはヒゲ抜きで傷付いたあなたの肌を回復させることが優先です。

    そのために、髭剃りはT字カミソリではなく、電気シェーバーで行い、アフターケアとして抑毛ローションをしようすることをおすすめしました。

    しかし、中長期的に見るとプロに脱毛を依頼することがおすすめです。

    ぜひ、参考になさってみてくださいね。