朝しっかり髭をそっても夕方には青髭になっている・・・
髭が濃くて顔が暗い印象になってしまう。
仕事柄髭が濃いと不潔に思われてしまう。

このような濃い髭でお悩み方いらっしゃいませんか?

ここで紹介する方法で髭の対策をすれば、髭を薄くすることができますよ。
 
このページでは、髭が薄くならない原因をご案内した後、男の髭を薄くする10通りの方法をご案内します。

青髭の悩みを解消して、仕事もプライベートも明るく過ごしましょう♪

髭を薄くしたい方必見!!髭が薄くならない2つの原因

髭が薄くならない原因をご存知でしょうか?

それは次の2つです。

1.男性ホルモン
2.間違った髭の処理方法

では、2つの原因を詳しく見ていきましょう。

【髭が薄くならない原因1】男性ホルモンがドバドバ出ている

髭が薄くならない原因は、体内にある男性ホルモンと女性ホルモンのバランスに関係しています。

男性ホルモンの分泌が女性ホルモンの分泌よりも優位になると、髭が濃くなるのです。

男性ホルモンにはいくつか種類がありますが、髭に関係してるのは「テストステロン」と「DHT」の2つです。

「テストステロン」は酵素5aリダクターゼの働きで「DHT」変わり、この「DHT」は非常に強く髭を濃くする力があります。

では、男性ホルモンの分泌を促進させるのは、なぜでしょうか?

その理由は次のように6つあります。

1)肉食中心の食事をしている
2)喫煙による身体の作用
3)ストレスによるホルモンバランスの乱れ
4)過剰な筋肉トレーニング
5)睡眠不足による自律神経の乱れ
6)日焼けによる発毛組織の活性化

【男性ホルモンの分泌が過剰になる理由1】肉食中心の食事をしている

まず、肉食中心の食事にはたんぱく質が多く含まれているので、男性ホルモンの分泌が促進されます。

また、牡蠣やにんにく、玉ねぎも男性ホルモンを増加させる作用があります。

【男性ホルモンの分泌が過剰になる理由2】喫煙による身体の作用

喫煙をするとタバコの有害物質が体の中に入ってきます。

身体の機能には有害物質を体外に排出しようとする働きがあるのですが、このとき男性ホルモンの分泌が増加します。

【男性ホルモンの分泌が過剰になる理由3】ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスを抱えるとホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが異常に分泌されます。

昨今は特に働く環境が厳しくなっており、ストレスを感じる期間が増えています。

仕事や人間関係で強いストレスを感じていると髭が濃くなってしまいます。

【男性ホルモンの分泌が過剰になる理由4】過剰な筋肉トレーニング

適度な筋トレは問題ありません。

しかし、過剰な筋トレをすると、男性らしい身体つきになり、男性ホルモンが活発に働きます。

筋トレをしている男性はタンパク質の摂取のため肉食中心の食事をしてる方も多いですし、ストレスもかかっていますので、男性ホルモンの分泌に拍車がかかった状態です。

【男性ホルモンの分泌が過剰になる理由5】睡眠不足による自律神経の乱れ

睡眠時間が少なくなると、自律神経の交感神経が優位になり、男性ホルモンが過剰に分泌されます。

しっかり睡眠をとることは髭だけでなく、ストレス解消にもつながります。

【男性ホルモンの分泌が過剰になる理由6】日焼けによる発毛組織の活性化

日焼けは、肌の色を健康的にして髭を隠すのに有効なのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実際は逆効果です。

日焼けによって紫外線を浴びると発毛組織が活性化して髭が伸びやすくなるのです。

さらに、紫外線のダメージからお肌を守るために男性ホルモンの分泌が促進され、髭が濃くなる可能性があります。

紫外線はお肌の老化や病気だけでなく、髭にも影響を及ぼします。

【髭が薄くならない原因2】間違った方法で髭を処理している

髭を薄くしたいなら髭の剃り方にも注意が必要です。

ジェービングクリームなどを使わずに髭剃りをしていると、お肌を守ろうとして髭が濃くなる可能性があります。

これは身体の自然な保護反応です。

髭を薄くする髭剃りの方法は下記の「髭を薄くする10通りの方法と対策:正しい髭の剃り方」を参考にしてみてください。

また、髭を毛抜きや手で抜いたりしていませんか。

髭の毛根の一部である毛乳頭は、毛細血管から栄養を吸収して、毛母細胞という毛の成長にかかわる細胞に栄養を受け渡す役割をしています。

髭を抜くと毛乳頭と毛細血管が引きちぎられ、毛が再生した時に今度は抜けないように血管を太くてしっかりした髭を作るようになります。

間違った髭の処理をするとお肌を痛めるだけでなく、髭が濃くなるので絶対NGです。

髭を薄くする10の方法をおすすめ度順位に掲載!

髭を薄くする効果が期待できる方法は10通りありまます。

おすすめ度の高い順に、次のようになっています。

1)レーザー脱毛を利用する
2)光脱毛を利用する
3)家庭用脱毛器を利用する
4)美容電気脱毛を利用する
5)生活習慣を正しくする
6)正しく髭剃りをする
7)ファンデーションを使う
8)食べ物を変える
9)抑毛ローションを使う
10)サプリメントを摂る

この他に除毛クリームや除毛ワックスで処理するという方法も考えられます。

しかし、除毛クリームや除毛ワックスのメーカーは、これらを顔へ使用することをおすすめしていません。

また、「髭を薄くする薬があるのでは?」とお考えの方がいるかとも知れませんが、残念ながらそんな夢の薬はありません。

髭を薄くする10通りの方法を参考にして、取り入れやすい対策を試してください!

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度
レーザー脱毛
光脱毛
家庭用脱毛器
美容電気脱毛
生活習慣
正しい髭剃り
ファンデーション
食べ物
抑毛ローション
サプリメント

おすすめ度はNo.1!レーザー脱毛で短期間で髭を薄くする

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

髭を薄くしたいなら「レーザー脱毛」が確実です。

レーザー脱毛は医療行為なのでクリニックなど医療機関で行います。

レーザー脱毛の髭を薄くする原理は、レーザーを照射すると毛のメラニン色素が反応して熱を発生させます。

この熱が毛根にある毛乳頭という組織を破壊することで脱毛します。

毛には成長する周期があり、髭は1ヶ月半~2ヶ月で生え変わります。

レーザーが効果を発揮するのは「成長期」にある毛のみ。

そのため、毛周期にあわせて何度も通う必要があります。

レーザー脱毛の最大の魅力は短期間で髭を薄くできる点。

今ある髭の半分程にするなら、照射回数は6~8回、期間は1年~1年半で完了します。

相場は髭3部位(鼻下、あご、あご下)1回あたり1万円~2万5千円。

クリニックによっては割安な回数コースを設定しています。

費用はかかりますが、脱毛効果が高くて短期間で髭を薄くできるので検討してみてください。

光脱毛なら脱毛サロンで快適に髭を薄くする

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

次におすすめな方法が髭を薄くする方法は、比較的リーズナブルに脱毛できる光脱毛です。

光脱毛は脱毛サロンやエステサロンで行います。

光脱毛の髭を薄くする原理はレーザー脱毛とほぼ同じですが、違いは光の照射パワーにあります。

光脱毛はレーザー脱毛に比べて弱いエネルギーの光を照射します。

そのため、レーザー脱毛により効果が劣り、髭を薄くするには長い期間がかかります。

今ある髭の半分程にするなら、通う回数は10~15回程度、期間は1年半~2年かかるでしょう。

光脱毛の魅力は比較的低価格な料金です。

髭全体6部位(鼻下、あご、あご下、ほほ、もみあげ、首)1回あたり6千円~2万2千円程度。

多くの脱毛サロンが初回キャンペーンや無料体験を行っています。

光脱毛は痛みもソフトなので初めての方でもトライしやすい脱毛方法です。

家庭用脱毛器なら自宅で自分のペースで髭を薄くできる

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

髭を薄くするなら自宅で好きな時に脱毛できる家庭用脱毛器もおすすめの方法の1つです。

髭を薄くする原理は光脱毛と同じですが、家庭用は安全性を考えて照射出力が抑えられています。

そのため、髭を薄くするには光脱毛よりも長い期間がかかります。

しかし、脱毛サロンのように回数毎に料金を支払う必要がないので、一度購入すれば好きなだけ脱毛できます。

ただ家庭用脱毛器にも使用回数の限界がありますので、光が弱くなってきたらカートリッジを交換しましょう。

家庭用脱毛器の相場は4万~7万円です。

使用する際の注意点は、照射の前後で必ず患部を冷やすこと、そして保湿をすること。

家庭用脱毛器でも火傷や炎症の可能性はありますので、使用上の注意をよく読んで使いましょう。

料金は高いが美容電気脱毛は確実に髭を薄くする

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

髭を薄くするなら費用は高額になりますが美容電気脱毛は、確実に脱毛できます。

美容電気脱毛の髭を薄くする原理は、毛穴1本1本に細い針を刺して電気を流し毛根を破壊します。

一度処理した毛根からは毛が生えてこないので永久脱毛ができます。

また、白髪や産毛にも効果があります。

手作業になるのでサロンによって髭が薄くなるまでの回数や期間に差がありますが、今ある髭の半分程にするなら1年半以上かかるでしょう。

価格は30万円~と非常に高額です。

1本単位で髭を薄くできるのでデザイン髭やレーザー脱毛や光脱毛の仕上げに使うことをおすすめします。

髭を薄くする規則正しい生活習慣は合わせて行いたい!

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

髭を薄くしたいなら規則正しい生活習慣でホルモンバランスを安定させましょう。

髭を薄くする生活習慣とは、早寝を心がけ睡眠時間を確保する、禁煙、飲酒は適度にということです。

成長ホルモンが分泌される夜の22時~2時の間に睡眠をとるとホルモンバラスが安定します。

遅くても0時までには布団に入るよう心がけましょう。

しかし、規則正しい生活習慣で髭を薄くする効果の程はわかりませんが、健康で心身が良好な状態になることは間違いないでしょう。

正しい髭の剃り方で肌ダメージを減らして髭を薄く見せる!

髭を薄く見せたいなら肌へのダメージが少なくしっかり剃れる「正しい髭の剃り方」を実践してみてください。

■正しい髭剃りの手順とポイント

1.髭を剃る時間は10時以降がベスト
2.お肌にローションやワセリンを塗る
3.蒸しタオルでお肌と髭を柔らかくする
4.必ずシェービングフォームを使う
5.カミソリ(3枚刃以上)で毛の流れに沿って上から下へ剃る
6.化粧水等で保湿をする
7.カミソリの刃はもろくなりやすいのでこまめに換える

今ご案内した方法は、T字カミソリを使用した場合ですが、カミソリよりもおすすめなのは電気シェーバーです。

カミソリは肌を削ってしまって、肌荒れの原因になるのですが、電気シェーバーなら、肌へのダメージは大幅に少なくなります。

髭は午前6時~10時頃に一番伸びるので、髭を剃る時間は10時以降が最適ですが、不可能な場合は出かける直前に剃りましょう。

お肌に負担をかけないように髭を剃ることで髭が濃くなるのを防ぐことができます。

ファンデーション隠せば髭が薄くなる!けどちょっと面倒かも

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

今すぐ髭を薄くみせたいならファンデーションで隠すというのも1つの手です。

髭対策用のファンデーションが販売されているので、化粧に馴染みがない男性でも取り入れやすいと思います。

クリームタイプやスティックタイプがあり、相場は1本2,500円~6,500円。

使い方は適量を肌に付けて、指でまんべんなくお肌に馴染ませてください。

ただ、毎日、髭剃りに加えて、慣れないファンデーションをするのは手間ですし、毎日落とすので、面倒と思う人もいるかと思います。

髭を薄くする方法として食べ物は期待薄いがやっておいた方がイイ

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

髭を薄くする効果が期待できそうな食べ物は大豆製品です。

具体的には、納豆、豆乳、豆腐、きなこ、油揚げ等の大豆を使った食品です。

これらの食品には大豆イソフラボンが含まれており、女性ホルモンと似た働きをするので男性ホルモンの分泌を抑えてくれると考えられています。

その他、低GI食品(血糖値の上がりにくい食品)のひじきやほうれん草も男性ホルモンを抑制する効果が期待できます。

しかし、食事だけで髭を薄くするには数年単位で長期的に続けない限り、その効果はあまり期待できないと思います。

あまり好きでもない食品を食べ続けるストレスの方が勝ってしまうと髭にとっては逆効果です。

ただ、健康的な食生活を送ることは、様々な面で大事ですので、できる範囲でやっておいた方がいいです。

髭が薄くなる抑毛ローションは抑毛成分に期待!

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

抑毛ローションで髭を薄くするという方法もあります。

ただ、抑毛ローションは医薬品ではなく化粧品なので、その効果は保湿と整肌作用です。

一般的な抑毛ローションには男性ホルモンの抑制に有効な大豆イソフラボンを含んでいます。

しかし、どの程度毛根に働いて抑毛効果を発揮するかわかりません。

そして、抑毛ローションには髭が薄くなるという記載はありません。

抑毛ローションという名前から髭が薄くなると勘違いしないように注意しましょう。

抑毛成分配合のサプリメントを飲んで髭を薄くする

効果 費用 肌ダメージ おすすめ度

髭を薄くするなら、男性ホルモンを抑制する成分が入っているか、もしくは、大豆イソフラボンや女性ホルモンを補う成分が入っているサプリメントを飲むというのも手です。

しかしどのサプリメントにも髭を薄くする効果があるとは書いてありません。

サプリメントはあくまで健康補助食品であり医薬品ではないので、髭を薄くする効果は食事と同じくあまりおすすめではありません。

当サイト一押しは髭を薄くする効果も期間も超優秀な「レーザー脱毛」

髭を薄くしたいなら短時間で理想の髭になれるレーザー脱毛をおすすめします。

その理由は3つあります。

【おすすめの理由1】レーザー脱毛なら確実に長期的に髭が薄くなる!

レーザー脱毛は、医療機関でしか取り扱えない強力な脱毛効果のあるレーザー脱毛器を利用して、髭を薄くする方法です。

FDAというアメリカの厚生労働省のような組織が永久脱毛と承認したレーザー脱毛器を使用しており、日本の法律上、唯一「脱毛」と認められている方法です。

髭を薄くするという目的であれば、5~10回、受けてみてください。

期間は10ヶ月~1年半ぐらいかかります。

1度、脱毛を完了してしまえば、長期的に青髭が薄くなります。

【おすすめの理由2】髭を薄くする方法として費用対効果が抜群!

レーザー脱毛というと高いと思われるかもしれませんが、今はリーズナブルなプランがあります。

例えば、湘南美容クリニックのヒゲ3部位(①鼻下、②アゴ、③アゴ下)6回で29,800円です。

電気シェーバーでいいものを買うと1~2万円ぐらいで替え刃が3000円ぐらいです。10年間だと約4.5万円かかります。

カミソリによる髭剃りを10年続けると、替え刃とシェービングフォーム代を計算して約6.4万円かかります。

いずれも10年、20年、30年と継続していく必要があります。

レーザー脱毛は初期費用がかかりますが、1度してしまえば長期的に青髭が薄くなりますので、費用対効果は抜群です。

【おすすめの理由3】髭を薄くする方法として安全度が高い!

レーザー脱毛はクリニックで行うので施術者は看護師などの医療従事者です。

そのため、万が一、お肌のトラブルがあったとしても、すぐに対応してくれるので安心です。

髭剃りは、実は肌を削る行為ですので、ニキビのような毛嚢炎ができるなど、肌トラブルの原因です。

まとめ

髭が薄くならない原因は、男性ホルモンの活性化と間違った髭剃りでした。

それに対して、髭を薄くする対策方法は10通りありました。

その中で最もおすすめなのはレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は脱毛効果が高く、短期間で髭を薄くすることができますので、中長期的に見て、ぜひ検討をしてみてください。