永久脱毛ってそもそも何でしょうか?

30社以上で脱毛をしてきた管理人による「永久脱毛」の定義は、

美容クリニックなどの医療機関で行われるレーザー脱毛によって、高い脱毛効果を長期間維持できる方法
(2018年1月現在)

です。

管理人が勝手に定義をしているわけですが、そうした理由は2つあります。

まず、日本には「永久脱毛」の定義がありません。

各クリニックは、FDA(エフディーエー:日本の厚生労働省に相当する政府機関)やアメリカの電気脱毛協会の定義を使用しています。

永久脱毛の定義

FDA:脱毛施術3回を行った6カ月後に67%(2/3)以上の毛が減っている
参照)https://www.fda.gov/

電気脱毛協会:脱毛施術1カ月後の時点で、毛の再生率が20%以下
参照)https://www.electrology.com/

これらの定義を見ると、「1回脱毛すれば、一生ツルツルのお肌に!」という永久脱毛という言葉のイメージとは異なります。

美容クリニックで永久脱毛をしても、永久に1本も毛が生えてこないという意味ではありません。

また、日本においては、法律上、永久脱毛は医療機関しかできません。

つまり、脱毛サロンやエステサロンでの脱毛は永久脱毛ではなく、クリニックや医療機関で行われるレーザー脱毛だけが永久脱毛ということです。

例えば、アメリカのFDAでは永久脱毛と考えられている脱毛方法には、美容電気脱毛(針脱毛/ニードル脱毛)というものがあります。

この脱毛方法を採用している日本の大手メンズ専門脱毛サロン「ダンディハウス」では、その効果について「不再生脱毛」という表現を使用しています。