「髭の永久脱毛をしたいけど、どこがいいのか分からない…」と悩んでいませんか?

このページでご案内する髭の永久脱毛ができるクリニックは、価格や実績・口コミ数、医院数などを基準に比較検討して選んだ、人気も実力も高い美容外科・美容皮膚科です。

また、髭の永久脱毛についての定義や方法、クリニックの選び方など気になる点について詳しく説明しています。

失敗や後悔なく髭の永久脱毛をするために、参考にしてみてくださいね!

髭の永久脱毛が受けられるおすすめクリニック8選

髭の永久脱毛を受けるなら、実績のあるクリニックを選びたいですよね。

ここでは、安心して施術が受けられる医療レーザー脱毛のクリニック4院・ニードル脱毛のクリニック4院をご紹介します。

医療レーザー脱毛を使った髭の永久脱毛におすすめのクリニック4選

それでは、複数の店舗を展開しているおすすめのクリニックをご紹介します。

湘南美容クリニック

リーズナブルな価格設定と53万件の実績を誇る湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの待合室

湘南美容クリニックは、全国展開している国内最大手の髭脱毛ができるクリニックです。大手ならではの安い価格設定の上、医療従事者が脱毛施術を行うため、安心・安全な環境で永久脱毛ができます。

【お得なプラン】

・ヒゲ3部位(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下)
1回 9,800円
3回 19,800円
6回 29,800円

さらに!カウンセリング・初診料・再診料・テスト照射・お薬塗布:無料

■おすすめポイント

・脱毛の症例数が多く、髭脱毛においても信頼できる実績がある
・痛みを最小限に抑える、蓄熱式の脱毛器メディオスターを導入している
・コース消化の有効期限がない
・全国55院のクリニックで脱毛施術が受けられる
・男性専門院が全国に5院ある

メンズリゼクリニック

定額・低額プランや安心保証システムが充実しているメンズリゼ

メンズリゼクリニックのカウンセリングルーム

メンズリゼは、独自の安心システムを導入している男性の医療脱毛専門クリニックです。男性の脱毛に特化したクリニックだからこそ、日々の大半を脱毛照射に費やすスタッフは、医療脱毛のスペシャリストであり高い効果が期待できます。

【お得なプラン】

・キャンペーン1
エステ脱毛から乗り換え割
エステ会員証提示でどの部位でも1回2,980円
※初回限定・1部位限りのトライアル価格(3月末まで)

・キャンペーン2
セレクトヒゲ脱毛2部位(鼻下、あご、あご下、ほほ・もみあげの中から自由に2箇所選択)
5回 55,800円
※3月末まで

・キャンペーン3
セレクトヒゲ脱毛3部位(鼻下、あご、あご下、ほほ・もみあげの中から自由に3箇所選択)
5回 73,800円
※3月末まで

・キャンペーン4
ヒゲ全体脱毛セット(鼻下、あご、あご下、ほほ・もみあげ)
5回 98,800円
※3月末まで

カウンセリング・再診料・処置料・予約キャンセル料・打ち漏れ再照射・剃毛料・肌トラブルの治療代・お薬代:無料

■おすすめポイント

・男性専門クリニック
・痛みを最小限に抑える、蓄熱式の脱毛器メディオスターを導入している
・途中解約ができる
・コースの有効期限が5年に設定されている
・コース終了後の1回料金は、定価の1/2以下の価格で受けられる
・万が一の肌トラブルには、完全無料保証の対応がある

ゴリラクリニック

5種類の医療レーザー脱毛器で永久脱毛を実現するゴリラクリニック

ゴリラクリニック受付

ゴリラクリニックは、220,879件の来院実績を誇る男性専門の美容クリニックです。肌質・肌色・毛質・毛量に合わせて、最適な選択が出来るだけの多種多様な脱毛器を揃えているので、効率的な脱毛効果が期待できます。

【お得なプラン】

・ヒゲ脱毛完了コース
ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下) 6回 68,800円
+コース終了後3年間 1回100円で脱毛し放題

カウンセリング・初診料・再診料・予約キャンセル料・剃毛料・肌トラブルの治療代・お薬代:無料

■おすすめポイント

・男性専門クリニック
・痛みを最小限に抑える、蓄熱式の脱毛器メディオスターを導入している
・ヒゲ脱毛完了コースには、1回100円で3年間脱毛し放題のアフターフォローがついている
・初めての方は、10,000円の1回トライアルができる
・「笑気ガス」「高濃度表面麻酔クリーム」などの麻酔メニューが用意されている

Dr.コバ

業界唯一の無制限脱毛を導入しているDr.コバ

ドクターコバの診察券

Dr.コバは、患者の6割が他のクリニックからの脱毛経験者という、技術力が評価されているメンズ脱毛クリニックです。脱毛技術に自信があるからこそ、剛毛な髭においても「毛が生えてくる限り、施術を続ける保証」付きです。

【お得なプラン】

・6ヶ月集中プラン
ヒゲ(口・顎・頬・顎下・首上を含む)5回 ¥99,000(税抜)
+6回目以降は予約料100円(税抜)で脱毛し放題

カウンセリング・初診料・再診料:無料

【おすすめポイント】

・髭の脱毛範囲が広範囲(口・顎ヒゲ・頬ヒゲ・顎下・首上を全てカバー)
・無制限脱毛なので、6回目以降は予約料の100円しかお金がかからない
・5~10年以上の経験を持つベテラン技術者が、各医院に3名ずつ在籍している

ニードル脱毛を使った髭の永久脱毛におすすめのクリニック4選

続いて、髭のニードル脱毛を受けられるクリニックです。

髭のニードル脱毛を受けられるクリニックは、全国区でみても数が少ないので、今回は主要都市で受けられるおすすめのクリニックをご紹介します。

西山美容・形成外科医院

1990年から永久脱毛の実績を誇る西山美容・形成外科医院

西山美容・形成外科医院

※2018年4月閉院

西山美容・形成外科医院では、絶縁針電気脱毛を行っています。初診では、医師から脱毛方法や施術について細かく丁寧に説明されるので、安心して施術を始めることができます。

【永久脱毛にかかる費用】

・絶縁針電気脱毛 2,000円/5分
・テスト代 9,320円(針代 5,000円/検査代 4,320円)

初診料(カウンセリング):無料

■おすすめポイント

・完全予約制なので、他の患者と顔を合わせることがほぼない
・個室にて、持ち込み可能なDVDなどを見ながらリラックスして施術を受けられる
・最寄り駅から徒歩1分なので、通いやすい

【アクセス】
東京都豊島区南池袋1-24-6 深野ビル3階
TEL 03-3989-1319

横浜ベイクリニック

院長が日本医学脱毛学会認定専門医と認定脱毛士の資格を持つ横浜ベイクリニック

横浜ベイクリニック

横浜ベイクリニックでは、絶縁針脱毛を行っています。院長だけでなく、認定脱毛指導士、認定脱毛士の資格を有する看護師も在籍しているので、安心です。

【永久脱毛にかかる費用】

・初診料 3,000円
・絶縁針脱毛 平日 9,000円、土日曜 9,750円/15分
・テスト代(脱毛針1本分) 4,000円
・血液検査 4,000円(1年に1回)
・絶縁針(1本につき) 5,000円

脱毛後に使用する軟膏:無料

■おすすめポイント

・開院から20年以上の実績がある
・日本医学脱毛学会加盟の病院で、認定脱毛士が施術を行う
・最寄り駅から徒歩1分なので、通いやすい

【アクセス】

神奈川県横浜市神奈川区三ッ沢上町2-18 ジアバンスビル201
TEL 0120-045-219

きぬがさクリニック

トリプルカウンセリングで永久脱毛を実現する、きぬがさクリニック

きぬがさクリニック

きぬがさクリニックでは、絶縁針脱毛を行っています。絶縁針脱毛20年の実績を誇り、カウンセリングではカウンセラーとドクターによって最適な治療法を提案してもらえます。

【永久脱毛にかかる費用】

・絶縁針脱毛法 10,000円/15分
・採血検査代 5,000円
・針代 5,000円

初回テスト脱毛:無料

【おすすめポイント】

・完全予約制でプライバシーが守られている
・日本医学脱毛学会加盟の病院で、認定脱毛士が施術を行う
・完全個室で施術を受けられる

【アクセス】

・きぬがさクリニック 大阪院
大阪府大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル
TEL 0120-77-5511

・きぬがさクリニック 姫路院
兵庫県姫路市駅前町241 フェスタビル北館5F
TEL 0120-77-5511

赤坂クリニック

医療脱毛専門フロアを完備する赤坂クリニック

赤坂クリニック

赤坂クリニックでは、医療針脱毛を行っています。ベテランの針脱毛技術者が7名常勤しているので、安心して永久脱毛を始めていただけます。

【永久脱毛にかかる費用】

・針脱毛 400円/1分
・採血検査代 5,000円
・針代1本 4,000円~
・麻酔クリーム 500円/5g
・外用軟膏 500円/5g1本

カウンセリング:無料

■おすすめポイント

・完全予約、個室制でプライバシーが守られている
・処理時間による予測見積りを出してもらえる
・最寄り駅から徒歩1分なので、通いやすい

【アクセス】

福岡県福岡市中央区赤坂1-13-8 赤坂ウィングビル4F
TEL 0120-04-4617
直通 092-734-4617

【YES or NO】髭は永久脱毛できるのか?

髭を永久脱毛しようかなと考えたとき、ふと脳裏をかすめるのが、「髭は体毛より剛毛だけど、本当に永久脱毛できるの?」という疑問です。

早速、その疑問にお答えするなら、答えはYESです。

しかし、このYESにはある条件が含まれています。

その条件とは、【永久脱毛の定義】です。

まず初めに、【永久脱毛の定義】とは米国電気脱毛協会(American Electrology Association)が永久脱毛について明確に定めたものです。

American Electrology Association

その定義によると、

最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛方法が永久脱毛である

と定められています。

よって、永久脱毛=完全に毛が生えないのではなく、長期的に80%以上の減毛率を維持できるが正しい解釈です。

ではなぜ、「ツルツル・スベスベになれる」のように言われるのか・・・

その理由は、残りの髭も産毛のように柔らかくメラニン色素が薄い髭へと変化し、限りなくツルツル・スベスベの状態に近づけるからです。

いろいろちょっと難しいことをお話しましたが、永久脱毛と認められている脱毛方法では、脱毛効果を立証する豊富な臨床結果も発表されています。

ですので、不安にならず安心してくださいね。

ただし、永久脱毛すれば1本も生えなくなるという勘違いには注意しましょう。

体験者の本音!髭の永久脱毛をした人たちの口コミ

髭の永久脱毛を考え始めると、永久脱毛をした後に後悔しないのか、永久脱毛の効果と認めているのか、など気になる点がたくさんでてくると思います。

そこで、実際に髭の永久脱毛をした人たちの貴重な意見をチェックしていきましょう!

ポジティブな口コミ

知り合いが永久脱毛してすごく快適になったと喜んでいますよ。その人は色白なのでヒゲが青々としてすごく目立ってたのですが永久脱毛してからはスッキリしました。何よりも、毎朝のシェービングに時間が掛からない、皮膚が痛まない(毎朝カミソリで傷が付いて血が出てた) のが嬉しいみたい。

参照)YAHOO!知恵袋

効果を感じ始める期間はみなさんそれぞれ違いますが、永久脱毛としての脱毛効果はしっかり実感されていますね。

また、髭を永久脱毛したことにより、毎日の自己処理から解放される喜びを味わっている方もたくさんいるようです。

ネガティブな口コミ

もう15回くらい照射したけど濃いわ。青ヒゲではなくなったが。いつ完ツルになるのだろうか。

参照)5ch(旧2ch)

みなさん、脱毛の効果は実感されていますが、永久脱毛=髭がなくなるという見方から、100%満足のいく結果は得られていないようです。

やはり、【永久脱毛の定義】を理解してから永久脱毛を始めるのがベストですね。

髭を永久脱毛するメリット・デメリット

ここで一度、髭の永久脱毛をするメリットとデメリットをはっきりさせておきましょう。

■メリット

・毎朝、髭の処理やお手入れに使っていた時間がなくなる
・髭の自己処理で傷つけていた肌へのダメージがなくなる
・青髭などのコンプレックスが解消され、自分に自信を持てるようになる
・デザイン髭ができる

■デメリット

・髭の永久脱毛は痛みが強い
・一時的にお金がかかる
・最低1年は、一定の間隔で脱毛クリニックに通わなければならない
・永久脱毛後は、髭を元の状態に戻せない

メリットを確認すると、髭の処理にかけていた手間や肌トラブル、コンプレックスがなくなり良いこと尽くめですね。

一方、デメリットを確認すると、解決できる問題とできない問題に分かれます。

■解決できるデメリット

・施術の痛み→麻酔を使い和らげることができる
・お金がかかる→長期的に見れば、髭の自己処理アイテムを一生買い続けるより安く済む

■解決できないデメリット

・クリニックに通う→個人差によるが、少なくとも5~10回は定期的に通う必要がある
・後々オシャレのために髭を生やしたい→気持ちが変わる可能性があるなら、永久脱毛したことを後悔する日がくるかもしれない

クリニックに通う問題は、自己処理の手間をとるか一生のうち数年がんばってクリニックに通うほうをとるかですね。

1番慎重にならないといけない問題は、髭を生えなくさせることに対して後悔するかしないかということ。

少しでも不安を感じる場合は、デザイン髭から始めてみるのも1つの解決策ですよ!

永久脱毛ができる髭の脱毛方法とは?

髭の永久脱毛ができる脱毛方法は、医療レーザー脱毛とニードル脱毛です。

2つとも、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)によって、脱毛効果が認められている方法です。

FDA

「なぜ脱毛の定義などすべてアメリカ基準なの?」と思う方もいるかもしれませんが、日本には永久脱毛に関する規定がありません。

もちろん、日本では医師法によって永久脱毛は医療行為になるため、医療機関でしか施術を行えないという規定はあります。

しかし、永久脱毛に関する規定においては、美容医療の先進国アメリカの厳しい規定を用いるのが一般的です。

それでは、永久脱毛ができる髭の脱毛方法について、それぞれ説明していきます。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛とは、黒いメラニン色素に反応する単一の波長のレーザー光を使って脱毛する方法です。

施術は、クリニックで医療従事者が行います。

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
・安全性が高い
・施術者によって脱毛効果が変わらない
・広範囲で脱毛できる
・麻酔や冷却装置搭載の脱毛器で痛みを軽減できる
・脱毛器の種類が豊富で選択肢が広いので、自分に合った脱毛ができる
・施術を受けられるクリニックが多い
・日焼け肌は施術ができない
・白髪の脱毛ができない
・肌トラブルのリスクが高い
・痛みが強い脱毛器がある  

医療レーザー脱毛のメリットいくつかありますが、安全性が高いことと施術者によって脱毛効果が変わらないことが大事です。

まず安全性についてですが、アメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)により多くの臨床結果が発表されており、脱毛器の中には、FDAのみでなく日本の薬事法でもその安全性が認められている機器があります。

そしてもう一つ、施術者の技術によって脱毛効果に差がでることはほぼありません。

改良技術を重ね製造されている最新の脱毛器は、レーザー出力の精度や安定性など細かい制御システムが非常に優れています。

脱毛器の性能が上がったことにより、施術者の技量に左右されることなく安全かつ快適に施術を受けられ、安定した脱毛効果が得られます。

医療レーザー脱毛のデメリットは、日焼けしていると脱毛できないことと白髪には脱毛効果が無いことです。

それから毛嚢炎などの肌トラブルのリスクがあります。

肌トラブルのリスクはどの脱毛方法でもありますが、日焼けと白髪については、解決ができないデメリットです。

仕事や趣味で日焼けをする人、白髪のある人は、ニードル脱毛で脱毛することになります。

医療レーザー脱毛の種類と仕組み

  アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
波長 755nm 810nm 1,064nm
効果
髭のように密度の濃い脱毛に高い効果を発揮する

毛質を選ばず高い脱毛効果を発揮する

深くて根深い剛毛髭に高い効果を発揮する
痛み
麻酔が効きやすい

蓄熱式は痛みが軽減される

麻酔が効きにくい
主な脱毛器 ジェントルレーズ プロ  ライトシェアデュエット
メディオスターNext Pro
ジェントルYAG 
メリット 短時間で広範囲の脱毛ができる
美肌効果も期待できる 
毛質に合わせた施術ができる
照射漏れしにくい
日焼け肌も施術できる
根深い髭の脱毛ができる
日焼け肌も施術ができる 
デメリット 根深い剛毛髭の脱毛には時間がかかる
日焼け肌は施術ができない
最新脱毛器を導入しているクリニックが少ない  皮膚表面に生えてる髭には効果が薄い
ヤグレーザーの脱毛器を導入しているクリニックが少ない
仕組み 毛乳頭を破壊するタイプ  毛乳頭を破壊するタイプ
バルジ領域を破壊するタイプ
毛乳頭を破壊するタイプ 

医療レーザー脱毛には、次の3種類があります。

■レーザーの種類

・アレキサンドライトレーザー
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー

レーザーの種類により、効果や痛みの出方は違いますが、すべてのレーザーにおいて脱毛の効果は高いです。

また、医療レーザー脱毛に使われている主な脱毛器は、アメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)によって認可されている機器ですので、安全性も保証されています。

また、医療レーザーによる脱毛の仕組みには、2種類あります。

毛乳頭を破壊するタイプとバルジ領域を破壊するタイプです。

■毛乳頭を破壊するタイプ

メラニン色素に反応するレーザー光を脱毛したい部位に照射し、毛根のメラニン色素に吸収させ、吸収されたレーザーが光エネルギーから熱エネルギーへと変換します。

そして、毛の生成に欠かせない毛乳頭を輻射熱によって破壊、必要な栄養素が毛母細胞に行き渡らないようにし、毛を作る働きを抑えます。

毛の生成と成長を絶つことで、永久的な脱毛または減毛につなげます。

参照)独立行政法人医薬品医療機器総合機構

■バルジ領域を破壊するタイプ

メラニン色素を利用しないレーザー光を使い、皮膚の表面からバルジ領域に細かく照射し、バルジ領域を蓄熱させて破壊します。

すると、発毛因子が作られなくなるため、毛母細胞を生成できなくなり、脱毛につながります。

②ニードル脱毛

ニードル脱毛とは、毛穴に針を差し込み微弱の電流を流しながら、毛根を破壊して脱毛する方法です。

針脱毛、絶縁針脱毛、美容電気脱毛など、いろいろな呼び方があります。

絶縁針脱毛は、小林敏男医学博士が開発した絶縁針による脱毛方法で、小林式絶縁針電気凝固法や小林式絶縁針医学脱毛法と呼ばれることもあります。

ニードル脱毛の最大の特徴は、脱毛時に脱毛部位に生えている毛をすべて1回の通院で脱毛できることです。

特に絶縁針脱毛は、毛の再生に欠かせない毛乳頭を完全に破壊することができるので、永久脱毛の効果は非常に高く、満足できる結果が得られます。

施術は、エステサロンの有資格者、クリニックの医療従事者が行います。

■絶縁針脱毛の仕組み

毛根に沿って、毛1本1本の毛穴に細い金属針を刺します。毛根部に挿入された非絶縁部分の針に弱い電気または高周波を流し、毛包を電気凝固で破壊します。毛根・毛球・毛乳頭が破壊され、永久的な脱毛につながります。

参照)知立南皮フ科佐野クリニック日本医学脱毛協会

■美容電気脱毛の仕組み

毛1本1本の毛穴に針(プローブという細い電極)を差し込みます。その針に微弱の電気を流して毛の再生機能を低下させ、永久的な脱毛または減毛につなげます。

参照)日本スキン・エステティック協会、

ニードル脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
・白髪でも脱毛できる
・日焼けをしていても脱毛できる
・髭の間引きやデザイン髭ができる
・色素沈着や敏感肌でも施術ができる
・脱毛後にすぐ髭が抜け落ちる
・料金が高く、血液検査や針代などの費用もかかる
・痛みが強い
・施術時間が長い
・脱毛前に、髭を数ミリ伸ばす必要がある
・施術を受けられるクリニックが少ない

ニードル脱毛のメリットは、他の脱毛方法では対応できない白髪でも日焼けをしていても脱毛できるということが最も大きいです。

1本1本の脱毛をするので、細かく丁寧なデザイン脱毛ができます。

また、痛そうに見えますが、安全性は高く、敏感肌の方でもOKです。

一方のデメリットは、料金が高いことです。ヒゲ脱毛のサービスは料金が安いところが増えてきましたので、ただ青髭を薄くしたいなら、コスパがイイとは言えません。

また、技術が必要な施術のため、施術者の力量が低いと痛みが強いですし、1本1本の髭を抜くため、相応の時間がかかります。

光脱毛やレーザー脱毛では30分もあれば顔全体をできますが、ニードル脱毛では、1~2時間かけても髭の一部しか脱毛できません。

【医療レーザー脱毛】と【ニードル脱毛】の永久脱毛の違いとは?

髭を永久脱毛する方法が分かったところで、どっちの脱毛方法がいいのか気になる方が多いと思います。

そこで、医療レーザー脱毛とニードル脱毛による、髭の永久脱毛の痛み・効果・施術回数の目安・料金の目安・メリット・デメリットについて比較してみました。

脱毛効果

  医療レーザー脱毛 ニードル脱毛
効果
髭の密度が薄い部分は一気に脱毛効果が現れやすく、濃い部分は徐々に脱毛効果が現れる

1回の通院で、その時点で生えている全ての髭を脱毛できる

医療レーザー脱毛は広範囲で徐々に脱毛していき、ニードル脱毛は1本1本確実に処理していきます。

永久脱毛の効果を得るまでのプロセスは違いますが、脱毛の効果は両方とも非常に高く、きれいに脱毛することができます。

脱毛による痛み

  医療レーザー脱毛 ニードル脱毛
痛み
強く輪ゴムでバチンっと連続して弾かれているような痛みを伴うが、麻酔で軽減すことができる
回数を重ねるごとに髭の密度が薄くなるため、痛みも弱まる
蓄熱式の医療レーザー脱毛は、皮膚が熱く感じ少し汗をかく程度の痛みを伴う

毛抜きで思いっきり髭を引き抜かれているような強い痛みを伴うが、麻酔で軽減することができる  

両方とも強い痛みを感じますが、医療レーザー脱毛の方が痛みは弱いです。

髭は他の部位より痛みを強く感じる部分ですので、ほとんどのクリニックで痛みを軽減するための麻酔が用意されています。

痛みを我慢せずに、医師と相談した上で利用するのがおすすめです。

脱毛の施術回数の目安

  医療レーザー脱毛 ニードル脱毛
施術回数の目安
6回~8回の施術で、減毛率70%
10回~12回の施術で、減毛率80%

6回~8回の施術で、減毛率70%
10回~15回の施術で、減毛率80%

※個人差あり

上記は大体の目安なので、参考程度に捉えてください。

なぜなら、髭の脱毛は髭の密度や太さなどによって個人差が激しいからです。

こちらも目安になりますが、医療レーザー脱毛とニードル脱毛において脱毛の効果をしっかり実感し始めるのは、3回~5回目のようです。

脱毛料金の目安

ここでは、湘南美容クリニック(医療レーザー脱毛)と西山美容・形成外科医院(ニードル脱毛)の料金を参考に比較します。

  医療レーザー脱毛
(湘南美容クリニック)
ニードル脱毛
(西山美容・形成外科医院)
料金の目安
9,800円
髭3部位(上口ヒゲ、アゴ、アゴ下) 1回

2,000円/5分
施術時に生えてる髭が対象

今回は比較のために1回の施術料金ですが、医療レーザー脱毛は複数回のコース(3回、6回など)で申し込むと、安くなります。

ニードル脱毛は、多くのクリニックが5分単位で料金設定をしています。

結局どれくらいかかるの?と気になりますが、ニードル脱毛は1本1本処理していくので、施術に時間がかかります。

体験者の口コミをみると、

月に2回かな。本数はわからんw 金額は75万。

参照)5ch(旧2ch)

この方は、月に2回、1年間通い総額75万円かかったようです。

料金のことを考えると、医療レーザー脱毛とニードル脱毛を組み合わせて永久脱毛するのがおすすめですね。

メリット&デメリット

  医療レーザー脱毛 ニードル脱毛
メリット ・安全性が高い
・施術者によって脱毛効果が変わらない
・広範囲で脱毛できる
・麻酔や冷却装置搭載の脱毛器で痛みを軽減できる
・脱毛器の種類が豊富で選択肢が広いので、自分に合った脱毛ができる
・施術を受けられるクリニックが多い
・白髪でも脱毛できる
・日焼けをしていても脱毛できる
・髭の間引きやデザイン髭ができる
・色素沈着や敏感肌でも施術ができる
・脱毛後にすぐ髭が抜け落ちる 
デメリット ・日焼け肌は施術ができない
・白髪の脱毛ができない
・肌トラブルのリスクが高い
・痛みが強い脱毛器がある 
・料金が高く、血液検査や針代などの費用もかかる
・痛みが強い
・施術時間が長い
・脱毛前に、髭を数ミリ伸ばす必要がある
・施術を受けられるクリニックが少ない

このようにメリット・デメリットを書き出してみると、やはり1番気になるのは痛みの問題です。

いくら麻酔を使って軽減できると言われても、麻酔自体に抵抗感がある人もいますよね。

そんな方には、ぜひクリニックでテスト脱毛にトライすることをおすすめします!

医療レーザー脱毛とニードル脱毛を扱っているクリニックでは、テスト脱毛を勧めているクリニックが多くあります。

永久脱毛を始める前に、カウンセリングと一緒に体験してみてはいかかでしょうか。

自分に合う髭の永久脱毛方法はコレ!

医療レーザー脱毛とニードル脱毛について詳しくなってきましたが、まだどっちの脱毛方法が自分に合っているのか分からない状態ですよね。

脱毛方法にはそれぞれ向き・不向きがありますので、様々な角度からどちらの脱毛方法がどういう人に向いているのか、紹介していきます。

■医療レーザー脱毛での髭の永久脱毛が向いている人

・痛みに弱い人
・肌の色が白く、髭の色が濃い人
・髭を伸ばせない人
・1回の施術を短時間で終わらせたい人
・脱毛効果と一緒に美肌効果も期待したい人
・リーズナブルな料金で永久脱毛したい人

■ニードル脱毛での髭の永久脱毛が向いている人

・日焼けしている人
・髭が細くて薄い人
・髭がまばらに生えている人
・白髪髭の人
・にきびなど肌荒れがひどい人
・色素沈着やタトゥーが入っている人
・デザイン髭をしたい人

■医療レーザー脱毛とニードル脱毛の併用による髭の永久脱毛が向いている人

・髭がかなり濃く剛毛な人
・青髭を早く解消したい人
・髭に白髪が混じっている人
・ツルツルにしたい人

自分がどの点を重視するかによって、選び方は変わってくると思います。

現在のお肌や髭の状態をしっかり見て決めることを、オススメします。

【要注意】実は永久脱毛じゃない髭の脱毛方法

脱毛業界の発展により、永久脱毛に関する規定がない日本では、知識がないとどの脱毛方法が永久脱毛に値するのか判断するのは困難です。

例えば、人気が高いサロンでの美容電気脱毛や光脱毛は、

「つるつるひげ脱毛」
「一度処理完了した毛は、もう生えてこなくなるので毛穴もひきしまり肌もキレイに。」

などのキャッチフレーズとともに宣伝されています。

“つるつる”や“生えてこなくなる”という言葉を目にすれば、永久脱毛ができる!と思いますよね?

そこで、クリニックでの医療レーザー脱毛とニードル脱毛以外の方法は、本当に永久脱毛ではないのか、検証してみました。

サロンでの美容電気脱毛

エステサロンで行われている美容電気脱毛はニードル脱毛なので、アメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)により永久脱毛と認められた脱毛方法です。

しかし、日本では医師法によって毛根の破壊行為は医療行為と定められているため、エステサロンで行うと違法です。

ということは、エステサロンで行う美容電気脱毛は、微弱の電気を針に流し毛根にダメージを与える程度しかできないのです。

言い換えれば、毛根の破壊ができないので、永久脱毛にはならないですね。

また、美容電気脱毛を含めたニードル脱毛は、施術者の技量によって効果や痛みに大きな差がでる脱毛方法ですので、確かな技術を持つ医療従事者のもとで施術することを強くおすすめします。

効果を実感できるサロンでの光脱毛

エステサロンでの光脱毛は、安くて痛みが少ないことから、人気の脱毛方法の1つです。

長期的に施術の回数を重ねると、脱毛の効果を実感できるので、永久脱毛と勘違いする方が多いのも事実です。

しかし、光脱毛もアメリカの政府機関FDA(米国食品医薬品局)により、次のように定められています。

永久滅毛
主な毛の不再生が長期に渡って安定するものであり、全ての毛を脱毛するものではない

実際、クリニックで行われている医療レーザー脱毛と比べると、光脱毛の出力はかなり弱めに設定されています。

その理由は、高い出力で光を当てて毛根を破壊してしまうと、医療行為にあたるからです。

よって、エステサロンでの光脱毛も永久脱毛ではありません。

髭にも効果アリと話題の家庭用脱毛器

手軽に脱毛できる家庭用脱毛器は、どうでしょうか?

残念ながら、こちらも永久脱毛ではありません。

自宅で誰でも使える家庭用脱毛器は、安全面からカメラのフラッシュのような光エネルギーが分散しやすいキセノンライトが使われており、エステサロンでの光脱毛より弱い出力に設定されています。

よって、毛根に与えるダメージが少なく、永久脱毛どころか脱毛効果を得るにも個人差があります。