埋没毛top

「ヒゲが肌の中に毛が埋もれちゃってるんだけど、治し方ってあるの?」とお考えではありませんか?

髭の埋没毛は見た目が悪いので、早く治したいですよね。

放っておくと肌荒れや毛嚢炎などの肌トラブルになってしまいます。

このページでは、埋没毛の原因と治し方についてご案内しています。

お読みいただければ、あなたにとって最適なヒゲの埋没毛の治し方が分かりますよ。

なぜ髭の埋没毛ができる?埋もれ毛の原因とは?

髭の埋もれ毛は、髭を自己処理した結果、毛穴がふさがってしまったのに関わらず、皮膚の内部で毛が成長をしてしまうことでできます。

つまり、自己処理が原因です。

テキトーな自己処理をしていまえば、より埋没毛になる確率が高くなりますが、丁寧な自己処理をしていても埋もれ毛になることがあります。

ヒゲの自己処理とは、カミソリでの髭剃り、毛抜きによるヒゲの処理です。

体毛の場合は、それらに加えて、除毛クリームや脱毛ワックスによる毛の処理が含まれます。

ヒゲの埋没毛の原因1.カミソリによる自己処理

カミソリで傷つく肌
カミソリの場合、力を入れて強く髭を剃ってしまうことが原因です。

髭剃りをすることは、肌表面の皮膚(角質)を削り取ることですので、どれだけ丁寧に処理しても肌は傷付き、肌が荒れやすい状態になってしまいます。

その状態から回復しようとする力が働いた結果、毛穴が角質やかさぶたで埋まってしまうことで、埋没毛ができてしまいます。

丁寧にしてもそうなるのですから、手荒に髭剃りをすれば、より一層、肌の状態が悪くなり、より埋もれ毛ができやすくなります。

対策としては、まず髭剃りは丁寧にすること。そして、髭剃りをしたら、化粧水と乳液、ローションなどでケアをするようにしてください。

ヒゲの埋没毛の原因2.毛抜きによる自己処理

ヒゲを毛抜で抜く

ヒゲを毛抜きで処理することは、カミソリでの髭剃り以上に、埋没毛ができやすいです。

毛抜きで処理をするということは、健康に成長をしていた毛を無理やり引き抜く行為ですので、肌へのダメージは大きいです。

穴が開いてしまっているわけですから、その穴を防ごうとする身体の作用が働き、毛穴が角質やかさぶたで埋まってしまって、毛が埋もれてしまうのです。

どれだけ丁寧なアフターケアをしてもそのダメージをカバーするのは難しいです。

また、毛抜きをすると、さらにニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)という別のトラブルが発症する可能性が高くなります。

ブドウ球菌などの毛嚢炎の原因菌である雑菌が肌に入りやすくなるからです。

毛抜きはデメリットの方が大きいです。

埋没毛の原因3.除毛クリームでの自己処理

除毛クリーム
除毛クリームは、毛のタンパク質を溶かす機能がある「チオグリコール酸カルシウム」がメインの成分です。

肌にもタンパク質がありますから、除毛するだけでなく、肌にもダメージを与えます。

そのダメージから回復するために、毛穴がふさがってしまって埋没毛になってしまうのです。

除毛クリームには、そのダメージを少なくするために、肌を健康に保つ成分が配合されています。

安い市販の除毛クリームには科学的に合成された成分が入っています。それ自体が肌トラブルの原因となる可能性が高いため、おすすめではありません。

NULLやソランシア、MONOVOなどは、自然系の保湿をしたり肌を健やかに保ったりする成分が配合されています。

ただ、顔は皮膚が薄く、除毛クリームでのヒゲ処理はリスクが高いため、どのメーカーも使用しないようにアナウンスをしています。

埋没毛の原因4.脱毛ワックスでの自己処理

脱毛ワックス
脱毛ワックスは、①ハチミツように粘度の高い液体を脱毛したい部分に塗り、②その上に専用のテープを置き、③一気に剥がすということをしています。

この①~③の流れで、大量の毛を一気に毛抜きしているので、とても効率よく毛を抜くことができます。

毛抜きと同じように埋もれ毛がとてもできやすい状況が生まれます。

★★
★★

ヒゲの埋没毛のデメリット

埋没毛にはメリットはなく、基本的に百害あって一利なし。デメリットしかありません。

埋没毛のデメリット1.見た目が悪い

肌のトラブル
肌の中に毛が埋もれてしまっているわけですから見た目が悪いです。

見ている人はしっかり見ています。

それから、埋もれてしまった毛を毛抜きやピンセット、針などでほじくり返すと、肌荒れだけではなく、色素沈着して、黒いシミのようなものになってしまうことがあります。

埋没毛のデメリット2.肌トラブル

炎症

埋没毛をそのまま放置をしておくと、雑菌が入り込み、炎症を起こし、毛嚢炎(もうのうえん)の原因になります。

これは1週間ほど放置しておけば解消されますが、ニキビのように赤いポツポツができますので、見た目が悪いですし、その周辺のヒゲの自己処理にとても気を遣うことになります。

潰そうとして手で押したりすれば、赤い状態が長引くだけでなく、新たな埋没毛が増えてしまいます。

埋没毛のデメリット3.手術が必要になることも

メスで切開手術
毛抜きによる処理を続けていると、毛穴の深い位置に毛が埋没してしまうことがあります。

深い位置で皮脂や毛が混ざって固まっているような重度の埋没毛は、場合によっては切開手術をして毛を取り除く必要が出てきます。

【おすすめ度順!】できてしまったヒゲの埋没毛を処理する5つの方法

ヒゲの埋没毛ができてしまった場合、次のような5つの対策方法があります。

費用 スピード 安全度 おすすめ度
美容電気脱毛
放置
スクラブ剤・ピーリング剤
ピンセット
手術

それぞれ詳しく見ていきましょう。

確実にヒゲの埋没毛を処理したいなら美容電気脱毛!

費用 スピード 安全度 おすすめ度

確実にヒゲの埋没毛を処理したい場合は、美容電気脱毛(ニードル脱毛)がおすすめです。

美容電気脱毛とは、プローブと呼ばれる先端が毛よりも細い針状の器具を毛穴に差込んで、その奥にある毛根に電気を流すことで熱変性を起こさせるという脱毛方法です。

1本1本の毛を確実に脱毛するというのが特徴です。

この方法は、他の脱毛と違って、埋没毛があっても施術することもできますし、施術後の肌トラブルが少い安全度が高い施術ですからおすすめです。

1本の毛を処理する時間は数秒とスピードも速いです。

ただし、美容電気脱毛(ニードル脱毛)は技術力が必要なため、施術をする人の技量が低いと痛みが強くなるというデメリットがります。

また、髭全体を脱毛すると費用が掛かりすぎますので、埋没毛だけを処理してもらうようにしましょう。

放置すれば自然治癒力でヒゲの埋没毛を処理できる

費用 スピード 安全度 おすすめ度

ヒゲの埋没毛ができてしまった場合の対策方法としては、人間が本来持っている自然治癒力に頼って放置しておけば、確実に解消されます。

埋没毛は、そのうち肌のターンオーバー(生まれ変わり)とともに、抜け落ちていくからです。

ただし、期間は1~3ヶ月ぐらいと長めです。

ヒゲの成長が止まり、毛根と離れるまでが1~2ヶ月、離れた毛がターンオーバーによって自然に排出されるまでに1~1.5ヶ月です。

自然治癒力とスキンケアの力でヒゲの埋没毛を処理する

費用 スピード 安全度 おすすめ度

ターンオーバーによって埋没毛は排出されますが、肌表面にある埋もれ毛にはスクラブ剤やピーリング剤などのスキンケアの力も効果的です。

これらを使うと、古い(死んだ)肌の角質が落ち、肌の表面がツルツルになりますが、その際、表面にある埋もれ毛が表に出てくることがあります。

自然治癒力よりも少しだけ早く埋没毛が抜け落ちる可能性が高くなります。

また、スキンケアをすることで乾燥した肌が潤えば、乱れていたターンオーバーが早くなることがありますので、その分、処理速度は速くなります。

緊急時ならピンセットでヒゲの埋没毛を処理しよう

費用 スピード 安全度 おすすめ度

「どうしても今すぐ埋もれ毛を何とかしたい!」という緊急事態や最優先なことがある場合は、アルコールやコンロの火で消毒をしたピンセットで、無理やり抜いてしまってください。

ただ、ピンセットで抜くのは、基本的に他の肌トラブルにつながりますので、次のような緊急性と重要度が高い場合など、限定的な措置と考えましょう。

■ピンセットで埋没毛を処理するケース

・埋もれ毛が原因で職場などでいじめられている
・明日は大事な商談で一部の隙も見せられない
・明日が初デートで外見を何とかしたい

また、ピンセットで埋れ毛を抜いた後は、肌荒れしやすい状態ですので、化粧水や乳液、美容液などでスキンケアをしてください。

そうしないと毛嚢炎などのトラブルが起こりやすくなります。

手術なら髭の埋没毛を確実に処理できる

費用 スピード 安全度 おすすめ度

手術をすれば埋没毛は確実に処理できます。

ただ、費用も時間もかかりますし、正直、大げさでもあります。ですので、埋もれ毛が肌の奥にあって、深刻な肌トラブルにつながる可能性がある状態が続いたり、現に肌トラブルが起こり続けていたりする場合だけに選択しましょう。

最もおすすめのヒゲの埋没毛の処理法は美容電気脱毛!

費用や処理完了までのスピード、肌の安全性を考えると、ヒゲの埋没毛を処理する方法としておすすめなのは、美容電気脱毛です。

美容電気脱毛は、国内大手の総合エステサロンのメンズTBCとダンディハウスで行っているほか、地域の皮膚科で行われていることがあります。

全国的に展開しているメンズTBCとダンディハウスには、1,000円でお試し体験ができますので、利用してみてください。

【行くならどちら?】
メンズTBCとダンディハウスの脱毛を12項目で徹底比較

【おすすめ度順!】髭の埋没毛(埋もれ毛)の3つの予防方法

続いて、ヒゲの埋没毛ができないようにするための予防方法についてご案内します。

予防法は次のように3つあります。

効果 費用 安全度 おすすめ度
光脱毛
レーザー脱毛
電気シェーバーり&スキンケア

それぞれ詳しく見ていきます。

ヒゲの埋没毛の予防方法1.光脱毛

光脱毛
髭脱毛することで毛が生えてこなくなれば、髭の埋没毛はできません。

脱毛方法には、光脱毛とレーザー脱毛、美容電気脱毛の3種類ありますが、髭の埋没毛の予防方法としておすすめなのは、光脱毛です。

光脱毛は、痛みがソフトで、肌へのダメージが少なく、肌トラブルが置きにくいということと料金が他に比べてリーズナブルという理由で選ばれています。

この脱毛方法は、髭の脱毛効果こそ他の2つの方法と比較すると劣るものの、2週間に1度という早いペースで施術を受けられるため、比較的早く青髭が減っていきます。

半年間で10回ほど受ければ、青髭が濃い人でも薄くなります。そうなれば、埋没毛の原因となる髭剃りや毛抜きをする頻度が少なくなりますので、埋もれ毛はかなりできにくくなります。

埋没毛の予防のために、髭をツルツルにする必要はありませんが、心配な人はこの機会にツルツルにしてしまいましょう。

ヒゲの埋没毛の予防方法2.レーザー脱毛

レーザー脱毛
レーザー脱毛とは、皮膚科や美容外科などの医療機関で施術されるため、医療脱毛とも呼ばれています。

法律上、日本で脱毛ができるのは、このレーザー脱毛だけです。

医療機関でしか取り扱えない強力な脱毛効果のあるレーザー脱毛器を使用しますので、痛みが強いです。

肌への影響が大きいので2~3ヶ月に1度しか施術を受けられず、髭が薄くなるまでに光脱毛よりも時間がかかってしまいます。

レーザー脱毛を5回も施術を受ければ青髭は薄くなりますが、完了までの期間は10ヶ月です。

光脱毛では半年もあれば10回施術を受けられますから、スピード面では光脱毛に軍配が上がるということです。

ただ、髭をツルツルにしたいなら、レーザー脱毛の方が早いです。

ヒゲの埋没毛の予防方法3.電気シェーバー&スキンケア

ひげそり
埋没毛の予防方法の3つ目は、丁寧な髭剃りとスキンケアです。

髭の埋没毛の原因は、髭剃りと毛抜きです。

ですのでまずは、それらの使用をストップし、代わりに電気シェーバーを使用しましょう。

使用後にザラザラ感があったり、ポツポツと残っている感じがあったりと、仕上がりはカミソリによる髭剃りよりも劣ります。

ただ、髭剃りよりも肌へのダメージが少ないです。

その後、アフターケアで、抑毛効果のあるローションでスキンケアをすれば、埋没毛になる確率はグッと下がります。

ただ、ランニングコストがかかりますので、10年といった単位で長期的に見ると、脱毛の方が安上がりです。

まとめ

埋没毛が多いと、髭剃りをしているのに髭がめだってしまうこともあります。

これでは、せっかくのお手入れが逆効果です。

埋没毛はできてしまうと、無くなるのに時間がかかりますので、できるだけ起こさないようにしっかりと予防をしましょう。