バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH(ザ フェイスウォッシュ)」の使い方

フェイスウォッシュの蓋を開けてみました。

バルクオムのフェイスウォッシュを開封
見た感じ、やっぱりワックスに見えなくもないですが、これがいわゆる生石鹸ですね。

指にとってみると…
バルクオムのフェイスウォッシュを指に取る
けっこう固めのテクスチャーです。

トロッと垂れたりは全くなしですね。

これが石鹸なのか?本当に泡立つのか?とちょっと疑問もありますが、ネットにつけてみます。

バルクオムのフェイスウォッシュを付属の泡立てネット(THE BUBBLE NET)に塗る
ネットにつけたら、ここからが重要。

ぬるま湯を加えます。

このままでは泡立つわけがないですからね。
バルクオムのフェイスウォッシュを泡立てる(ぬるま湯をつける)
使い方にあったように、ぬるま湯は少しずつ加えていくのがポイントです。

おおざっぱにやってしまうとダメなので、慎重にやっていきますよ。

さぁ。泡立て開始です。
バルクオムのフェイスウォッシュを泡立てる(手でやさしくこすり合わせる)
泡を作るコツは、空気を含ませながらネットを揉むようにするとのこと。

空気を含ませる?と思いながらも、手でネットを優しくもみもみ&こすり合わせていくと…
まだまだ
おお!ちょっと泡立ってきました。

しかし、こんなのはまだまだ序の口です。

クシュクシュ~と優しくやっていきます。
再び泡立て作業
ネット全体に泡がどんどん広がっていくのがわかります。

意外に簡単で、しかも、おもしろすぎます。
そろそろどうかな?
そろそろどうかなと広げてみると…

うーん。これはまだまだ足りない!

泡立てネットが初挑戦なのでコツがつかめていないのか、自分のやり方が間違っているのかちょっと不安になってきました。

使い方にあったように、もう一度ぬるま湯を少量追加してみることに!
再びぬるま湯を追加
せっかくの泡を流してしまわないように、やさしく追加です。

空気を入れるように、再びネットをクシュクシュしていきます。
さらにクシュクシュと泡立て作業
うぉー!

さっきよりも、もっと泡立ちがよくホワホワしてきました。

ちょっと見てみるといい感じ!

まだ続けます。
どうかな?と見るけどまだまだ
クシュクシュクシュクシュ。

さっきの不安はどこへやら!

どんどん泡ができあがってきています。
さらに泡立てる
ネットが泡でいっぱいになってきました。

手のひらでモコモコ泡の弾力が感じられ、密度が高いのが分かります!

ネットから泡をこそげとります。
泡立てネットからこそげ取る
見てください!

最初はあんな小さな洗顔料が、こんなにモコモコの濃密泡に変身しました。
けっこう泡立ちました!
生クリームのような真っ白い泡に感動すら覚えます!

しかも、この泡って…。
どこかでみたことあるあの泡に近いんじゃない?
ほらほら!

テレビでこんなの見たことありますよね!
バルクオムあわわ
本当に食べられそうなくらい、とろとろクリームのような泡ができあがりました。

最初はどうなることかと思いましたが、こんなに簡単にできるとは驚きです。

バルクオムの洗顔料の成分の良さが感じられますね。

早速、使っていきます。
早速ぬるま湯で濡らした顔に!
ぬるま湯にで濡らした顔に、作り立ての泡を付けていきますよ。

食べてしまわないように、口は閉じておきましょう(笑)!
泡を付けてみた!
フワフワの泡を肌にのせていくイメージですね。

フローラルフルーティーの香りが、これまたいい!

とても爽やかでちょっと甘いという香りで、男性100人へのブラインドテストで1位になっているんだそうです。
なんかフワフワ!
フワフワで気持ちいいですね。

こってりした泡で垂れることも全然ないので、ゆっくり丁寧にやっていけます。

顔全体に広がりました!
顔全体に泡を広げた!
ちょっと遊んでしまいたくなるくらいの、泡まみれの顔です。

コシと弾力があるので、泡がつぶれたり消えて行ったりはしませんよ!

ここから気になる目元や鼻ラインを優しく洗っていきます。
テカりやすい目元を入念に!
いつものクセでゴシゴシやってしまいそうですが、それはダメ!

泡でマッサージするように優しく丁寧に洗います。

次に、テカりやすい頬も忘れてはいけません。
テカりやすいホホを入念に!
頬や小鼻の周りもしっかり洗います。

小鼻と頬の境界線あたりは皮脂がたまりやすく、ニキビやデキモノがよくできるので忘れてはいけない場所です!

ここまでやっても泡がへたれることは一切なし!

洗っていて最高に気持ちいいですね。

さぁ、泡を洗い流していきます。
泡を洗い落そう!
もったいないという気持ちまで出てくるほどの泡ですが、流さないわけにはいきません。

ただ、これだけの泡なので、洗い流すのは大変そうだな~という気持ちも出てきました。
ぬるま湯で丁寧に
ぬるま湯を両手にすくってパシャ!

驚くことに、モコモコ濃密泡がシュワーッと溶けていきました。

洗い流すのも全然面倒ではありません。

といっても、使用方法にあったように「入念に泡を洗い流す」のは重要です。

何度も繰り返して洗い流し、生え際やもみあげライン、あごなどは泡が残りやすいのでより念入りに洗い流していきます。

しっかり丁寧に全体を流し終わったら、清潔なタオルで水気を拭き取ります。
しっかり泡を落としたらタオルで水気を取る
タオルで拭き取るときは、絶対にゴシゴシしてはいけません。

つい、やっちゃいそうになりますが、ガマンです。

優しく顔全体をおさえるように水を吸い取っていきます。

洗い上がった肌がこちら!
肌がさっぱり!でもしっとり!
さっぱりなのにしっとり~!

今まで使用した洗顔料は、皮脂をごっそりとるタイプだと洗いあがりがつっぱる感じがありましたが、そんな感覚が一切ありません。

洗う前よりも肌が白くなっていますし、小鼻のまわりの黒ずみもなくなっています。

泡洗顔が女性に人気の理由が分かった気がしますね!

BULK HOMME THE FACE WASH(バルクオムのザフェイスウォッシュ):洗顔料を使った効果

まずは、洗顔料を使った後の数値から。

洗顔終了後の管理人です。
洗顔直後の肌の状態をチェック!
今まで洗顔料はいろいろ使ってきましたが、バルクオムの洗顔料は本当に使い心地が違いましたから、数値にも期待できます。

恥ずかしがり屋なので(!?)目はモザイクで隠していますが、管理人の表情からも気持ちよさが伝わるのではないでしょうか?
肌の状態は自分史上では最上級
さっぱりなのにカサカサしない、自分史上では最上級の肌状態です。

肌が息をしている感じってこういうことじゃない?と思えるほど!

計測してみます。
直後の数値

水分量 38%
油分量 25%
肌の弾力 にっこり

洗ったにもかかわらず水分量はアップして、あの油はどこにいったのと聞きたくなるほどの油分減少!

肌の弾力もにっこりになっています。

やっぱり自分の感覚は間違いではありませんでした。

バルクオムの洗顔料の効果を最大にする「最適な回数」とは?

洗顔をする際に、「何回ぐらいすればいいのかな?」と回数を気にしていませんか?

最適な回数は、1日朝と晩の2回がおすすめです。

ただ、これは一般的な回数で、年齢や肌質、仕事の内容などによって変わってきます。

例えば、肌質が非常に乾燥している方が、朝晩しっかり洗顔した場合、皮脂を取りすぎて余計に乾燥を招くことがあります。

また、大量に汗をかいたり、土やほこりなどが多い場所で働く方は、1日3回洗うのが良いとなるのです。

つまり、洗顔の最適な回数は、自分の環境や肌質を見極めて決めるのが一番。

誰かが言ったからだけを鵜呑みにしないで、自分の肌がどんな状態なのかを見て決めてくださいね。

バルクオムの洗顔料の成分の特徴と副作用を徹底解析

どこかでみたことあるあの泡に近いんじゃない?

成分名

内容 危険度
カリ含有石ケン素地 液体せっけんの原料にもなる、脂肪酸と水酸化カリウムを中和したり、油と水酸化カリウムを加水分解して作られる合成の界面活性剤。油と水どちらにも馴染むので、化粧品の品質を向上・維持させる役割があります。
精製水とも呼ばれる、身体に必要不可欠な必須成分。単体で化粧水代わりとしても使え、更に化粧品と組み合わせることで極めて高い保湿能力を発揮します。
グリセリン 高い安全性と水への馴染みやすさが特徴で、ヒアルロン酸やコラーゲンと組み合わせることで保湿効果を高める役割があります。
ソルビトール 植物性の多価アルコールのひとつ。特に乾燥肌に効果があり、長時間潤いを保たせ、保湿された肌を維持する役割があります。
BG 石油由来の合成アルコールで、吸水性や抗菌性に優れていることから化粧品自体の保存能力を高める役割があります。
クレイミネラルズ ミネラルが豊富な栃木県の土を原料とした話題の成分。保水性が高く、毛穴の汚れや皮脂を取り除くので潤いのある肌を形成する役割があります。
ベントナイト 火山灰や溶岩が変質することで作られる、ミネラルが豊富な天然の鉱物成分。高い保湿性を持つうえ、毛穴の皮脂や汚れを落とし潤いのある健康的な肌を形成する役割があります。
リンゴ果実培養細胞エキス スイス産リンゴの幹細胞を培養させて抽出した植物性エキス。極めて高い抗酸化力を持ち、シワやシミを防ぐことで若々しい肌を維持させる役割があります。
温泉水 鉱物質が含まれた、地中から湧き出る天然性の泉水。精製水の代用として利用されるほか、保湿や血行の促進などの効果もあり肌のコンディショニングを整える役割があります。
ユズ果実エキス ミカン科のユズから抽出される植物性エキス。肌を保湿するほか、血行を促進させたり角質を柔らかくし肌のターンオーバーを促す役割があります。
チャ葉エキス ツバキ科のチャノキから抽出される植物性エキス。消炎や抗菌作用があり、肌トラブルを防ぎ健康的な肌を維持する役割があります。
セイヨウシロヤナギ樹皮エキス セイヨウシロヤナギの樹皮から抽出される植物性エキス。肌のターンオーバーを正常な状態に戻すことで、健康的な肌を形成する役割があります。
加水分解シルク 蚕の絹繊維から抽出可能なアミノ酸のような天然エキス。高い保湿力で、肌のバリア機能を強化し健康的な肌を形成する役割があります。※シルクアレルギーの方は注意
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル マカデミアナッツ油を分解してつくられる、体温程度の熱で溶ける植物性油脂。保湿に優れているため肌の水分を保持し、しっとりとしたツヤのある肌を形成する役割があります。
グリセリルグルコシド 最近発見され話題となっている日本酒由来の成分。外部から守るバリア機能や保湿、ターンオーバーの改善、美白などに優れ、美しい肌を維持する役割があります。
ナタネ油 セイヨウアブラナの種子から抽出される天然性の油。安全性も高く、乳化も安定してできるので化粧品の品質を高める役割があります。
トコフェロール 一般的に有名なビタミンEのことで、抗酸化や血流促進、肌のくすみを改善し、加齢やダメージに負けない肌を維持する役割があります。
キサンタンガム ガム質のような天然由来の増粘剤で、化粧品の乳化を安定させたり、質感の改良、肌の保湿を高める役割があります。
レシチン 合成された脂質成分で、角層の保湿や肌のバリア機能を保護し肌の健康を維持する役割があります。
エタノール 一般的にアルコールに分類される成分。香りを際立たせる基剤や防腐剤としては勿論、清涼感や収れん作用といった効果があります。※炎症を有していたり、バリア機能が低下している場合は、まれに発赤、かゆみ、スティンギング反応などが起こることがあるので注意が必要です。また、ごくまれにアレルギー性接触皮膚炎として紅斑または蕁麻疹を引き起こすことがあるので注意が必要です。 ☆☆
フェノキシエタノール 防腐剤として使われることが多く、また抗菌効果もあるので化粧品の品質維持に効果を発揮。指に微生物や細菌が付着していても、それらから化粧品の品質を守ることができます。※皮膚炎を有する場合はごくまれに悪化することがある(試験データでは悪化の割合は0.2%)ので注意が必要。 ☆☆
香料 化粧品に香りをつける成分の総称。天然と合成の2種類があり、化粧品の元の臭いを抑え、良い香りにする役割があります。

洗顔料の成分を見ると、ほとんどが☆1つなので安心して使えることが分かります。

☆2つなのは、エタノールとフェノキシエタノール。

これらは防腐剤としてはもちろん、毛穴を引き締めたり抗菌する働きがあるので、洗顔する際に汚れをすっきり落とし肌トラブルの原因となる雑菌を取り除きます。

洗い流すものなので、副作用を心配することはないといえます。

ただ、体調などによって刺激となる場合がありますから、心配な方はパッチテストを行ってから使用してください。

バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH」の口コミ・評判を徹底調査!

ネガティブな口コミ・評判

かなり脂質が落ちてしまう感じがありますが、化粧水とローションをセットで使用することで特に問題はないと思います。泡立ちが良く香りも気に入っています。

参考:楽天

洗顔だけで肌の変化が起きたのは初めてです。良い商品だと思いますが素直にチューブタイプの普通の洗顔容器したらさらにいいと思います。

参考:アマゾン

商品サイズは意外と小さく驚きました。一か月で使い切らなければならないそうで、そう考えるとランニングコストは高めです。洗いあがりはさっぱりしていて、それでいてしっとり感があり良好と感じました。

参考:アマゾン

ポジティブな口コミ・評判

バルクオムを使ってみてはいかがでしょうか。りんごの香りが爽やかですし、洗顔の泡立ちもキメが細かく、汚れを落とすだけではなく保湿もしますので、肌が潤い、同僚からも「肌がきれいになったね」と言われるようになりました。毎日使っていて気持ちいいですし、肌もきれいになりましたので使い続けていますので、よろしければ参考になさってください。

参考:Yahoo!知恵袋

最初お試しセットで試していましたが、洗い心地が良く肌に合っているので継続して使用するつもりです。ほのかな香りも大変気に入っています。

参考:楽天

高校生の息子が使ってます。使いはじめてから、もう、1年になります。中学生のころ多かったにきびも、気にならなくなりました。

参考:楽天

これまで色々と洗顔を試してきましたが、こちらは泡の質がひと味違います。泡で顔を洗うといいますが、他の洗顔では難しいことが、バルクオムでは簡単に実行できます。これはもうリピ決定。

参考:アマゾン

自分は乾燥肌なのでべた付かない、さっぱりという言葉に少々不安でしたが使ってみたら全く突っ張る感じもせず、いい感じに潤うのにさっぱりしていて不思議です。とってもいいです。泡がきめ細かく、泡で洗ってる感じが病みつきになります。一度使ってみる価値はあります。自分は愛用決定です。

参考:@コスメ

フェイスウォッシュの口コミ・評判のまとめ

バルクオムの洗顔料を最安値で購入するには?楽天、アマゾン、公式サイトを徹底比較!

公式 Amazon 楽天
“洗顔料” アマゾン 楽天
お試し
定期購入
通常購入 2,000円 1,972円 1,800円
特典 空ボトル付
送料 有料 無料 有料
配送地域によって異なる

バルクオムの洗顔料を販売している実店舗を調査

バルクオムの洗顔料と他のメンズ用洗顔料との比較

バルクオム 洗顔料(THE FACE WASH) マージェンス コンディショニングウォッシュ NULL 薬用アクネブロックフェイスウォッシ
通常価格 2,000円 2,500円 1,833円
容量 100g 180ml 120g
容量 1ヶ月分 1ヶ月分 2ヶ月分
1g(ml)あたり 20円 約13円 約15円
1日あたり 約66円 約83円 約30円
キャンペーン
定期購入
その他
・スターターキット 2,500円
洗顔料・化粧水・乳液がセットになったトライアルサイズ
・FACE CARE 2TEP COURSE(定期購入)
初回500円・2回目以降4,500円
洗顔料・化粧水のセット
・FACE CARE 3STEPCOURSE(定期購入)
初回2,380円・2回目以降7,200円
洗顔料・化粧水・乳液のセット
3個同時購入で1個プレゼント 5,500円
効果期待度 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆

※全て税抜価格

バルクオムの「THE FACE WASH(ザ フェイスウォッシュ)」の基本情報まとめ